リカルドのレッドブル残留は?「もっと優勝できれば魅力的」と語る

シェア
コメント
リカルドのレッドブル残留は?「もっと優勝できれば魅力的」と語る
執筆:
2018/04/18 2:24

リカルドは、レッドブル残留に確信を持てるようにするために、近い将来さらにレースに優勝する必要があると語った。

Podium: race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing, second place Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1, third place Kimi Raikkonen, Ferrari, Chris Gent, race engineer
Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing
Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14 Tag Heuer, Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing, Jonathan Wheatley, Team Manager, Red Bull Racing, Christian Horner, Team Principal, Red Bull Racing, Helmut Markko, Consultant, Red Bull Racing, Max Verstappen, Red Bull Racing, and the Red Bull team celebrate victory
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14
The winning trophy and the shoe of Daniel Ricciardo, Red Bull Racing, 1st position
Helmut Markko, Consultant, Red Bull Racing, congratulates race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing
Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing
Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing
Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing

 第3戦中国GPで見事な優勝を飾ったダニエル・リカルド。現在、移籍も含めて自身の将来を検討している彼がレッドブル残留に確信を持つには、近い将来さらにレースに勝つ必要があるようだ。

 リカルドがレッドブルと結んでいる契約は、今シーズン限り。今が自身のキャリア絶頂期だと考えているリカルドは、メルセデスやフェラーリ移籍も視野に入れ、契約更新を保留している状態だ。

 一方、メルセデスやフェラーリにとっても、現在のラインアップからドライバーをひとり変更することを考えた場合、リカルドは明らかに有力な候補のひとりとなるはずだ。

 中国GPでレッドブルが見せたスピードと素晴らしい戦略は、リカルドがチームに残留する可能性を高めたはずだ。火曜日、オーストラリアのテレビ番組に出演したリカルドは、レッドブルのポテンシャルをもっと見たいと明かした。

 将来についての考えを訊かれたリカルドは、次のように語った。

「最高のマシンに乗りたい。今回のレースでは、勝つ機会があれば自分はそれを引き寄せることができるということを証明できたと思う。僕はそのプレッシャーに対応することができるんだ」

「今、レッドブルでもう少し勝つことができれば、それはとても魅力的だ。そうでなければ、おそらく他に選択肢があるんじゃないかと思う」

 レッドブルの戦闘力が向上しない場合、レッドブルを離れることになるのかと問われると「ああ。僕ははじめからそう言っている。勝利は助けになるだろう。だけどもし今シーズン、毎レースで6位に終わるようなら、僕にとって最も魅力的な選択肢にはならない」とリカルドは答えた。

 中国GPを終え、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、リカルドがチームに残ることを決めるようなマシンを提供できるかはチーム次第だと語った。

 一方でホーナーは、リカルドはチームの雰囲気といった要素も考慮すべきだと助言。他のチームはレッドブルほど良い雰囲気ではないと示唆した。

 その一例として、中国GPでキミ・ライコネンのピットストップをかなり遅らせたフェラーリのレース戦略にホーナーは言及した。

「キミのレースを見てみよう。私はあの戦略が理解できない」とホーナーは話した。

「ダニエルは、今の環境に満足していると思う。我々が彼に、今回のようなマシンを提供できれば、他のチームに移る理由はどこにもないだろう?」

タイトル争いの可能性

 中国での優勝によって、リカルドはポイントランキング4位に浮上。ポイントリーダーであるセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とは17ポイント差だ。

 しかしリカルドは、タイトル争いについて言及するには早すぎると述べた。一方で、もしチームが次戦アゼルバイジャンGPでも上手くやれれば、タイトル争いに絡んでいけると考えている。

「今回勝ったからといって(タイトル争いが)できるというには早すぎる」

「僕たちは定期的に勝利できることを示す必要がある。だけどもし、2週間後のバクーで勝つことができれば、タイトルを争えると言ってもいいだろう」

次の記事
バリチェロ、良性腫瘍の除去手術を受ける「僕は幸運だった」

前の記事

バリチェロ、良性腫瘍の除去手術を受ける「僕は幸運だった」

次の記事

ピレリ、次戦バクーのタイヤ選択発表。フェラーリが最も攻撃的

ピレリ、次戦バクーのタイヤ選択発表。フェラーリが最も攻撃的
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む