F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
2 days
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
9 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
24 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
30 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
37 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
51 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
58 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
79 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
107 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
114 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
128 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
142 days

ラッセル、シーズン後にウイリアムズからピレリのタイヤテスト参加か

シェア
コメント
ラッセル、シーズン後にウイリアムズからピレリのタイヤテスト参加か
執筆:
2018/11/12 7:19

ジョージ・ラッセルは、ウイリアムズからアブダビで行われるピレリのタイヤテストに参加するようだ。

 ジョージ・ラッセルは、シーズン終了後にアブダビで行われるピレリのタイヤテストに、ウイリアムズから参加することになるようだ。

 ウイリアムズと複数年契約を締結したことを発表したラッセルは、今シーズンはフォースインディアやメルセデスからテストに参加していた。だがF1デビュー発表の前に、彼は唯一ウイリアムズでシミュレーター作業を担当していた。

 ウイリアムズは、アブダビGP後のタイヤテストに参加するドライバーラインアップを明らかにしていないが、チーフテクニカルオフィサーのパディ・ロウによれば、ラッセルは”ほぼ確実に”テストでドライブすることになるだろうという。

 ラッセルは今年、リザーブドライバーとしてほとんどレースでメルセデスに帯同してきた。しかしメキシコGPとブラジルGPではウイリアムズに帯同していた。

 そのラッセルがどのようにチームに慣れていったのかと尋ねると、ロウは「彼はこの2レースを我々のもとで過ごしてきた」と話した。

「彼はとても熱心で、すでにたくさんのことを学んでいる。そのおかげで、他よりも良い環境で物事に全力で取り組むことができる」

「我々は、アブダビでのテストのラインアップをまだ発表していないが、ほぼ確実にジョージはこの計画に含まれている」

 またウイリアムズは、ラッセルのチームメイトが誰になるのかをまだ発表していない。そしてそのドライバーがテストを担当するのかどうかも不明だ。

 現在チームに在籍しているランス・ストロールは、彼の父親が率いるコンソーシアムがフォースインディアを買収したこともあり、そこへ移籍するものとみられている。

 つまり、ストロールは移籍先のチームからテストに参加する可能性があることになる。だがフォースインディアのシートを失うとみられているエステバン・オコンの来年の計画が明らかになるまで、ストロールの移籍とテストプランは発表されないようだ。

 アブダビで行われるテストに新天地から参加するのは、ラッセルとストロールだけではない。シャルル・ルクレールはフェラーリから、キミ・ライコネンはザウバーからそれぞれテストに臨むと考えられている。レッドブルも、トロロッソからの昇格が決まっているピエール・ガスリーをテストに起用する可能性がある。

Additional reporting by Oleg Karpov

次の記事
優勝の”大本命”だったフェラーリ。ベッテル車にはセンサートラブル発生

前の記事

優勝の”大本命”だったフェラーリ。ベッテル車にはセンサートラブル発生

次の記事

フェルスタッペン、オコンへの”小競り合い”により、「社会奉仕2日間」の罰則

フェルスタッペン、オコンへの”小競り合い”により、「社会奉仕2日間」の罰則
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ジョージ ラッセル
チーム ウイリアムズ
執筆者 Scott Mitchell