ロシア予選速報:異次元メルセデス対決をボッタス制す。Q2では珍事

シェア
コメント
ロシア予選速報:異次元メルセデス対決をボッタス制す。Q2では珍事
2018/09/29 13:03

F1第16戦ロシアGPの予選は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得した。

 F1第16戦ロシアGPの予選が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスが1分31秒387というコースレコードを叩き出し、ポールポジションを獲得した。

 0.145秒差の2番手は、チームメイトのルイス・ハミルトン。ラストアタックのセクター1では全体ベストを記録したものの、ミスがありアタックを中止した。

 3番手にはフェラーリのセバスチャン・ベッテルがつけたが、ボッタスとは0.556秒の大差をつけられた。

 トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーが13番手でQ1を突破。ブレンドン・ハートレーはアタック中に黄旗の影響を受けたか、16番手でQ1敗退となった。

 ただ初日のフリー走行でアップグレードされたホンダのパワーユニットを使用した関係で、グリッド降格ペナルティを受けることが決まっていたため、ガスリーはQ2を全く走らず。パワーユニットを交換したレッドブル勢もグリッドペナルティを受けるためQ2を走らなかった。

 自動的に11番手、12番手が得られるということもあり、ルノー勢もQ2を全く走行せず決勝のスタートタイヤを自由に選ぶ権利を得た。結果、タイムを出した全10台がQ3に進むという珍事が起きている。

 詳細は追って公開する。

【リザルト】F1第16戦ロシアGP:予選結果

次の F1 ニュース
ロシアFP3:ハミルトン好調、フェラーリ近づけず。ガスリー12番手

前の記事

ロシアFP3:ハミルトン好調、フェラーリ近づけず。ガスリー12番手

次の記事

【動画】F1ロシアGPフリー走行3回目ハイライト

【動画】F1ロシアGPフリー走行3回目ハイライト
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ロシアGP
記事タイプ 速報ニュース