スペイン決勝:ハミルトン完勝。ガスリーは事故に巻き込まれリタイア

シェア
コメント
スペイン決勝:ハミルトン完勝。ガスリーは事故に巻き込まれリタイア
2018/05/13 15:19

スペインGPの決勝レースが行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが今シーズン2勝目を挙げた。

 F1第5戦スペインGPの決勝レースが行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィンで今シーズン2勝目を飾った。

 土曜日のフリー走行3回目でマシンを大破させ、予選に出走できなかったトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、パワーユニットやギヤボックスを交換し、最後尾からレースをスタートすることになった。

 気温が15度、路面温度は35度、レース中の降水確率は80%というコンディションでスタート。まずはポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)がホールショットを奪う。続いてセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が2番手に浮上、バルテリ・ボッタス(メルセデス)は3番手にポジションを落とした。

 その後ろでは、ロマン・グロージャン(ハース)がターン3で走行ラインがワイドになってしまい、トラック上で単独スピンを喫してしまう。後方から走ってきたニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)とピエール・ガスリー(トロロッソ)は避け切れず巻き込まれてしまい、3人はここでレースを終えた。この接触により、セーフティカーが出動。なおこの件に関しては、レース後に審議が行われる予定だ。

 またストフェル・バンドーン(マクラーレン)は、コースアウトした際にボラードの外側を通らずにコースへ戻ってしまったため、5秒のタイムペナルティが科されたが、レース後半にトラブルでリタイアとなった。

 6周目にレースが再開。ターン1でケビン・マグヌッセン(ハース)がカルロス・サインツJr.(ルノー)をオーバーテイクし7番手に、さらにフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)はエステバン・オコン(フォースインディア)を追い抜いて10番手に浮上した。

 先頭を走るハミルトンはリスタート後に1分21秒台のファステストラップを連発し、2番手のベッテルとギャップを築いていく。彼らの差は最大で7.5秒ほどにまで開いた。

 18周目、そのベッテルがピットインを行いミディアムタイヤに履き替えた。するとすぐさま、メルセデスはボッタスにペース上げるよう指示を出す。ボッタスはベッテルの前でコースに復帰できるようペースを上げて走行を続け、20周目にピットに入りミディアムに履き替えた。しかしボッタスがピットロードを出た際、ベッテル、マグヌッセンと3ワイド状態となる。ベッテルはマグヌッセンをオーバーテイクした勢いそのままに、ボッタスの前に出ることに成功。逆にボッタスはポジションを落とすことになってしまった。

 その直後、25周目にキミ・ライコネン(フェラーリ)がスローダウン。無線で「何か問題がある」と訴えた。ライコネンはガレージに戻り、ここでレースを終えた。その前にはアロンソがミディアムに、26周目にはハミルトンもミディアムに交換している。

 レースの折り返しを過ぎた34周目にダニエル・リカルド(レッドブル)が、35周目にマックス・フェルスタッペンがそれぞれピットに入り、こちらもミディアム履き替えていた。1度目のピットインを終え、全員がミディアムタイヤを履いた。

 40周目には、ターン4とターン5の間でエステバン・オコン(フォースインディア)が白煙を上げてマシンを止めてしまった。オコンのマシンを撤去するためにVSC(バーチャルセーフティカー)が導入された。その間42周目にベッテルが2度目のタイヤ交換を行い、もう一度ミディアムタイヤに履き替えて、フェルスタッペンの後ろ、4番手でコースに戻った。

 そのフェルスタッペンはVSC導入中に他車と接触し、フロントウイングの左のエンドプレートを破損してしまっていた。彼はそのまま走行を続けていたが、後ろのベッテルはタイムが上がらずふたりのギャップは徐々に開いていった。

 先頭ではハミルトンが完全に独走状態で走行を続けており、2番手のボッタスとのギャップを18秒以上開いてもなお自己ベストタイムを更新する余裕を見せていた。ただボッタスもタイムを落とすことなく、順調に走行を続けた。

 ハミルトンはそのままチェッカーまでマシンを運び、今シーズン2勝目。昨年に続くスペインGP連覇、そして前戦アゼルバイジャンGPに続いて2連勝を記録した。スペインGPの連覇は2001~2004年のミハエル・シューマッハー以来の快挙となった。

 2位にはボッタスが入り、メルセデスが予選に続き1-2を達成。フェルスタッペンは最後まで3位を守り抜いた。

 4位ベッテル、5位リカルド、6位マグヌッセンと続き、母国グランプリを迎えたサインツJr.とアロンソはそれぞれ7位と8位に入賞。9位ペレス、10位のルクレールまでが入賞となった。

 11位以下はランス・ストロール(ウイリアムズ)、ハートレー、マーカス・エリクソン(ザウバー)、セルゲイ・シトロキン(ウイリアムズ)という顔ぶれに。14台が完走となった。

 次戦モナコGPは、5月24~27日に開催される。

【リザルト】F1第5戦スペインGP:決勝

次の記事
スペイン決勝速報:ハミルトン、圧倒的ひとり旅で連勝。完走わずか14台

前の記事

スペイン決勝速報:ハミルトン、圧倒的ひとり旅で連勝。完走わずか14台

次の記事

【動画】F1第5戦スペインGP決勝レースハイライト

【動画】F1第5戦スペインGP決勝レースハイライト
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント スペインGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
ロケーション サーキット・デ・カタルニア