F1日本GP、西エリアチケット・金曜日券が7月8日に発売開始

シェア
コメント
F1日本GP、西エリアチケット・金曜日券が7月8日に発売開始
2018/06/28 8:44

鈴鹿開催30回を迎えるF1日本GPの、西エリアチケット・金曜日券の発売が7月8日に迫っている。

 10月4日(木)〜8日(月・祝)に鈴鹿サーキットで開催されるF1第17戦日本GP。鈴鹿30回記念大会となる今回のチケット販売はすでにスタートしているが、西エリアチケットと金曜日券の販売が7月8日(日)午前10時からスタートする。

 西エリアチケットは130Rや立体交差、200R、スプーン、西ストレートなどで観戦できるチケット。走行シーンやイベントに応じて、観戦ポイントを選択しながら楽しむことができる。3日通しで9000円(24歳以上)と非常にリーズナブルな価格となっている。さらに15歳〜23歳の方には、お得な『西エリアU23チケット』6000円が用意されている。

 なおこの「西エリアチケット」は、安心・安全に観戦できるよう、枚数限定発売となっており、注意が必要。

 また、5日(金)のみ観戦可能な「金曜日券」の発売も開始。金曜日はV1・V2席、カメラマンエリア、VIPスイート、パドッククラブなど一部のエリアを除くほとんどの席が自由席となっているため、場所を移動しながらF1を楽しむことも可能だ。各種イベントが行われる4日(木)も、このチケットで入場できる。

 6月25日(月)の段階で、VIPスイートやV1(全エリア)を始め、座席によってはチケットの完売が出始めているようだ。販売窓口によっては状況が異なる場合があるとのことなので、詳しくは鈴鹿インターネットチケットサイト(MOBILITY STATION)や鈴鹿サーキットF1特設ページ(http://www.suzukacircuit.jp/f1/)でチェックしてほしい。

次の記事
【動画】F1第9戦オーストリアGP コース紹介オンボード映像

前の記事

【動画】F1第9戦オーストリアGP コース紹介オンボード映像

次の記事

ホンダ「マクラーレンと共に戦った3年は、我々には良い学習になった」

ホンダ「マクラーレンと共に戦った3年は、我々には良い学習になった」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP
サブイベント 鈴鹿サーキット発表