F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
49 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
56 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
70 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
84 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
105 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
119 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
140 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
154 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
161 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
175 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
189 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
217 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
224 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
245 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
259 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
273 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
280 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
294 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
308 days

台風の影響で路面状況が一変? 予想以上の摩耗とグリップ減少に直面

シェア
コメント
台風の影響で路面状況が一変? 予想以上の摩耗とグリップ減少に直面
執筆:
2018/10/06 1:08

ピレリは、日本を横断した台風の影響で鈴鹿の路面状況が変わり、摩耗とグリップに影響が出ていると認めた。

Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Max Verstappen, Red Bull Racing
Marcus Ericsson, Sauber C37
Marcus Ericsson, Sauber C37
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09 EQ Power+
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14

 F1にタイヤを供給するピレリは、日本の上空を通過した過去の台風の影響で鈴鹿サーキットの路面状況が変化し、タイヤの摩耗とグリップに影響が出たと明かした。

 ピレリは当初、日本を横断した少なくとも2つの台風による悪天候で、F1開催前のイベント時に路面に付着したラバーが流され、タイヤのグリップと磨耗に影響を与えたということに疑いを持っていた。

 しかし金曜日のフリー走行では、フェラーリ勢のタイヤにブリスターが生じたことが大きなポイントとなった。ピレリのカーレーシング部門の代表であるマリオ・イゾラはセッション後、トラックの路面が大きく変化していたと話した。

「アスファルトの荒さについては、大いに荒くなったということで我々にはかなり大きな変化があった」

「おそらくこれは気象条件が原因だ。台風による大雨でアスファルトが変わってしまっているようだ。だから(タイヤの)グリップと磨耗に大きく影響している。磨耗が増えているのだ」

 フェラーリ勢のタイヤに発生したブリスターは、他のチームよりも深刻なものだった。だがイゾラは、ブリスターが発生したマシンの数は少ないものの、このトラブルに見舞われたチームはフェラーリだけではなかったと述べた。

 また彼は、フェラーリはこの状況を切り抜けるためにうまくやれるはずであり、彼らが他チームより多くスーパーソフトタイヤを持ち込むというアグレッシブな戦略を採用したからといって、不必要な出来事に直面するということもないだろうと自信を見せた。

「タイヤをマネージメントできるはずだ。今日のデータを見て、ブリスターを減らしたり、発生を避けるためのセットアップを見出すことができるだろう」

「忘れてはならないのは、タイヤの持ち込み数を選択するのは14週間も前だということだ。彼ら(フェラーリ)は、ここでスーパーソフトタイヤの動作を理解するために、たくさん走ることをねらっていた。一方で他のチームは、ソフトタイヤを履いてデータを集めることに集中していた」

「昨年ソフトタイヤとして使用されたタイヤは、今年ミディアムタイヤとして使われているので、全チームがよく理解しているコンパウンドだ。昨年もいくつか持ち込んでいたので、今年はミディアムをたくさん持ち込む必要はなかった。マクラーレンは4セット持ち込んでいるが」

 金曜日のデータをもとにすると、決勝レースでは、理論上は2ストップ作戦の方が速いとイゾラは語ったが、各チームにこの作戦を採用させるほどの速さはないかもしれないと認めた。

「1ストップも可能だ」

「2ストップにはアドバンテージがあるのかどうか、またあるとしたらどれくらいなのかを理解するために、デグラデーションと摩耗を分析しなければならない」

「アドバンテージがあることはわかっている。少なくとも10~15秒の違いがあるはずだ。だが全員が1ストップを目標にするだろう。というのもピットに2回入ったり、トラフィックの中に戻ったり、あるいは他車をオーバーテイクできなければレースに支障をきたすというリスクを負う理由はないからだ」

次の記事
ホンダF1、最新PUの改善を確認「走り出しの感触は悪くない」

前の記事

ホンダF1、最新PUの改善を確認「走り出しの感触は悪くない」

次の記事

ハース、ライバル”筆頭”フォースインディアの驚くべき進歩を警戒

ハース、ライバル”筆頭”フォースインディアの驚くべき進歩を警戒
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble