トロロッソ「テスト2日目に向けて作業の優先順位をつける必要がある」

シェア
コメント
トロロッソ「テスト2日目に向けて作業の優先順位をつける必要がある」
2018/05/16 6:50

バルセロナでのインシーズンテスト初日にトロロッソのショーン・ゲラエルは50周走行し、12番手タイムを記録した。

 5月15日、バルセロナでは2日間に渡って開催されるF1のインシーズンテストがスタートした。

 F2ドライバーのショーン・ゲラエルをテストに参加させたトロロッソ・ホンダは、オイルラジエーターの故障によるオイルリークを発生させた。さらに予防措置としてパワーユニットの交換を決行したため、午後の走行時間を大きくロスしてしまった。ゲラエルは最終的に50周走行し、12番手タイムを記録している。

 ゲラエルをはじめとしたトロロッソの関係者は、セッション後次のようにコメントを寄せた。

ショーン・ゲラエル(テストドライバー)
「トロロッソのマシンに再び乗れて良かった。チームには素晴らしいスタッフがいるし、彼らは良いクルマを用意しているからね。それにマシンに乗ってすぐに昨年のマシンとSTR13の違いを知ることができた。かなりグリップ感が増しているんだ。テストでは走り始めてからまもなくして問題が発生したから、少し不運だったけど、僕は多くのことを学ぶことができたし、チームも分析するのに重要なデータを得ることができた。あまり多くラップすることができなかったのが残念だけど、これがレーシングというものだ。明日はもっと生産的な1日になることを願っているよ」

ジョナサン・エドールズ(チーフレースエンジニア)
「このテストにむけて非常に忙しく、広範な計画があった。我々は多くのアイテムを確認しなければならなかったし、今後にむけてマシンやその性能について理解を深めなければならなかった。今回我々はショーン・ゲラエルをマシンに乗せた。彼がこのテストでSTR13を初めてドライブしたことを我々は歓迎している。朝は良いスタートを切った。我々はいくつかのエアロマッピングの作業を行なったり、タイヤへの理解を深めたり、セットアップに関する作業をいくつか行なった。残念なことに午前中にオイルラジエーターが故障したことで、酷いオイル漏れを起こしてしまった。その予防策としてパワーユニット交換を決断した。メカニックたちはマシンをトラックに戻すために素晴らしい仕事を行ってくれたと思う。午後にはパフォーマンスランを行う計画があったが、ショーンは満足できるラップタイムを記録することができなかった。テスト終了の20分前にマシンをトラックへ送り出したが、赤旗が振られたことでわずか2周インスタレーションラップを行うことしかできなかった。ラジエーターによるシンプルな問題によって半日が失われ、計画通りにテストを行うことができなかったことは残念だ。我々は今回のテストで計画していた全ての作業を完了させていないため、夜に計画を見直し、全てのアイテムを再度確認して、明日のテストに向けて作業の優先順位をつける必要がある」

本橋正充(ホンダF1副テクニカルディレクター)
「2日間にわたるテストの中で我々はパワーユニットにおけるいくつかの新しいアイデアを評価することを計画していました。しかし残念なことにパワーユニット交換作業によって、走行時間は限られたものになりました。この交換は予防措置として行われたものであり、シャシー側から検出された問題がパワーユニットの一部にまで及んでいる可能性があるとみられたためでした。それと同時に我々はこの日走行した50ラップから有効なデータを得ることができました。さらにトロロッソとホンダのメカニックは、セッション終了直前にショーンをトラックへ戻すことができました。そこでマシンチェックを行うことができたため、明日はより生産的な1日になることを願っています」

次の F1 ニュース
サインツJr.「僕とチームにとって確かに生産的な1日だった」

前の記事

サインツJr.「僕とチームにとって確かに生産的な1日だった」

次の記事

ベッテル「タイヤが保たなかったは自分のミス」ピレリの決断を支持

ベッテル「タイヤが保たなかったは自分のミス」ピレリの決断を支持

この記事について

シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース