特別な1戦に臨むトロロッソ・ホンダ。期待の”スペック3”PU再投入へ

シェア
コメント
特別な1戦に臨むトロロッソ・ホンダ。期待の”スペック3”PU再投入へ
2018/10/04 11:12

鈴鹿サーキットで30回目のF1開催となる特別な日本GPを迎えるトロロッソ・ホンダ。ロシアGPで使用された最新仕様のPUが鈴鹿で再投入される。

 いよいよ開幕するF1日本GP。ホンダのF1テクニカルディレクターを務める田辺豊治が、ホームレースへの意気込みを語った。

「今年の日本グランプリは1987年の初開催から30回目、またその歴史の中で初めてホンダが大会の冠スポンサーを務める記念すべき大会となります」

 そう田辺テクニカルディレクターはコメントした。

「鈴鹿サーキットはそのテクニカルでチャレンジングなレイアウトゆえ、多くのドライバーに愛されてきました。第1セクターのS字コーナーや、ハイスピードで駆け抜ける130Rに加え、年間カレンダーで唯一、8の字型の立体交差を有するなど、ユニークな特徴を持ったサーキットです」

「PUとしては、連続する中速コーナーに対応するためのドライバビリティーやエネルギーマネジメントの設定が課題になります」

 前戦ロシアGPでは、スペック3と呼ばれるアップグレードPUを投入したホンダ。トロロッソチーム代表のフランツ・トストがルノーを逆転したと自信を持つほど、そのパフォーマンスに期待が持てているようだった。

 だがロシアでは振動などの問題もあり、土曜日以降は旧仕様のPUに戻していた。ホンダは日本GPに向けてPUの微調整を実施。その成果か、今週末は3日間に渡ってスペック3が使用されるという。

「レッドブル・トロロッソ・ホンダとして初めての日本グランプリですが、ドライバーやチームメンバーはファクトリーを訪れるなど、到着直後から多忙な日々を送っています。今回のレースでは、先週のロシアGPの金曜日に初投入した新型スペックのPUを使用します」

「チームとして日本のファンの皆さまへのお披露目レースで、トロロッソと一緒に力強い走りを見せられればと思っています」

次の F1 ニュース
「海外で聴く君が代は特別だった」F1を目指す笹原が次に進むべき道は?

前の記事

「海外で聴く君が代は特別だった」F1を目指す笹原が次に進むべき道は?

次の記事

ルクレール、亡き親友ビアンキに思いを馳せる「難しい週末になる」

ルクレール、亡き親友ビアンキに思いを馳せる「難しい週末になる」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP
記事タイプ 速報ニュース