メルセデスの競争力向上。アップグレードではなく”マシンの理解”が理由か

シェア
コメント
メルセデスの競争力向上。アップグレードではなく”マシンの理解”が理由か
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/10/05 11:41

ハミルトンは、ここ最近メルセデスのパフォーマンスが向上したのは、マシンの理解がこれまで以上に進んだからだと考えている。

Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09 EQ Power+
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
Lewis Hamilton's Mercedes AMG F1 W09 EQ Power+ heads for scrutineering in the pit lane

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、この数レースで競争力が増したことについて、その理由はアップグレードの投入ではなく”マシンの理解がより進んだこと”だと話した。

 メルセデスはイタリア、シンガポール、ロシアと直近の3レースで優勝を挙げている。さらにシンガポールとロシアでは、フェラーリを上回るスピードを発揮していた。

 ハミルトンは、ペース面でフェラーリを上回ることができたことには驚いたと認めたが、その理由はマシンに何か新しいパーツを投入したからではないと考えている。

「前回のレース(ロシアGP)ほどの速さがあるとは期待していなかった」とハミルトンは話した。

「僕たちのマシンは本当によく機能する。だけど自分たちがどれくらい改善できているのか、あるいは彼らが停滞、もしくは後退したのかを知るのは難しい。僕たちには分からない」

「ここに来れば、もっとよくマシンを理解できるだろう。かなり拮抗していると考えている」

 また彼は、メルセデスが大きく前進したのは、チームがマシンのポテンシャルを全て解放したからだと確信している。

「僕たちはスパでアップグレードを投入し、モンツァでも小さなアップグレードがあった。そして前回も同様に小さなアップグレードを入れた。大きなステップを踏んだわけではないが、少しだけ前進した」

「僕たちはマシンの理解を続けているし、それこそが僕らの超えた最大のステップだ。マシンの全てが素晴らしいと感じている」

「エンジンパフォーマンスや効率、安定性も改善している。今シーズンの中でマシンはベストな状態だし、1年の中でも申し分ないほどに良い時期だ」

 最後に彼は、この6戦で5勝を挙げることを可能にした走りというのは、夢のようなものだと語った。

「これ以上ない最高のパフォーマンスだよ」

「振り返ってみると、僕にとっては本当に夢のような経験だ。このようなレベルでレースをすることやパフォーマンスを発揮することを夢見ていたんだ」

「僕はそのために生きている。いつも自分の目標にしていることを達成できるというわけではない。これまでのレースや、計画がうまくいっていることに感謝している」

次の F1 ニュース
日本GPフリー走行2回目:午前に続いてメルセデス勢がワンツーを維持

前の記事

日本GPフリー走行2回目:午前に続いてメルセデス勢がワンツーを維持

次の記事

フェルスタッペン、日本GP初日は今季最悪。”恵みの雨”は降るか

フェルスタッペン、日本GP初日は今季最悪。”恵みの雨”は降るか
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース