”アップデートが機能していない”トロロッソ、中団の混戦でも不利に?

シェア
コメント
”アップデートが機能していない”トロロッソ、中団の混戦でも不利に?
執筆: Scott Mitchell
協力: Lewis Duncan
2018/08/15 3:00

トロロッソのトスト代表は、投入したアップデートが機能しておらず、ランキング争いも厳しくなるかもしれないと考えている。

 トロロッソのチーム代表を務めるフランツ・トストは、これまでに投入したアップデートが思うように機能していないことを認め、コンストラクターズランキングの順位を守ることも難しくなる可能性があると話した。

 トロロッソは、オーストリアGPとイギリスGPで、新しいフロントウイングを含む複数の空力アップデートを投入した。

 しかし彼らは期待していたようなパフォーマンスを引き出すことができず、ドイツGPとハンガリーGPではこの新型フロントウイングを使用しなかった。

 トストはこれらのアップデートに”もっと期待していた”ことを認め、アップデートの失敗により、ザウバーとの中団争いにおいてコンストラクターズランキング8位を守れないのではないかと懸念している。サマーブレイク前のハンガリーGPを終えた時点で、トロロッソとザウバーの差は10ポイントだ。

「我々はアップグレードを投入したものの、目標を達成できていない。もっと期待していた」とトストはmotorsport.comに語った。

「中団は非常に接戦で、その差は100分の数秒だ。もし改善できなければこのポジションを守るのは難しい。現在の我々は期待を下回っている」

「シーズン後半はパフォーマンスを改善できるよう願っている。もちろん難しいことだ。ザウバーやハースは、フェラーリの優れたパワーユニットのおかげで大きく前進したのだ」

「したがって、トップ10に入ることが難しくなった」

 現在ドライバーズランキング13位につけているピエール・ガスリーは、この一貫性のない状態を”まだ理解できていない”とハンガリーGP後に話し、ベルギーGPとイタリアGPはトロロッソとホンダにとって厳しいレースになると慎重な態度を見せた。

 彼は、「なぜある時は期待以上のパフォーマンスを発揮できて、またある時は考えていた以上に苦戦するのか、まだわかっていないことがいくつかある」と述べた。

「もちろん、僕らが良いパフォーマンスを発揮できるトラックがあるということはわかっている。スパやモンツァはかなり厳しくなるだろう。でもシンガポールは(力強い結果を残すために)集中しなければならない場所だ」

次の F1 ニュース
来季F1に参戦しないことを発表したアロンソ、将来F1復帰の可能性も示唆?

前の記事

来季F1に参戦しないことを発表したアロンソ、将来F1復帰の可能性も示唆?

次の記事

インディカー、マクラーレン+アロンソの2019年参戦計画を支援

インディカー、マクラーレン+アロンソの2019年参戦計画を支援
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム トロロッソ 発売中
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース