ボッタス、”最低でも”2年契約を求めるも「まだ交渉は始まっていない」

シェア
コメント
ボッタス、”最低でも”2年契約を求めるも「まだ交渉は始まっていない」
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/05/19 6:01

バルテリ・ボッタスは、来年以降もメルセデスに留まりたいと望んでおり、”少なくとも”2年契約を結びたいと語った。

Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09
Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09, Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1, 2nd position, Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1, 1st position, on the podium
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1, celebrates victory in parc ferme with Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、まだチームとの契約交渉は始まっていないが、最低でも2年契約を締結したいと語った。

 2017年にメルセデスと1年契約を結んだボッタスは、3勝を挙げる活躍を見せた。そして今年も1年契約を結んでいるが、2019年以降に関しては彼もチームメイトのルイス・ハミルトンもチームと交渉をする必要がある。

 ボッタスは、自身の将来を確定させることを”急いでいない”と話しており、本格的な話し合いは始まっていないと明かした。

「願わくば長期間、僕はこのチームに残りたい」とボッタスはmotorsport.comに語った。

「それが僕の目標だ。今年発揮できているようなパフォーマンスをキープできる限り、大丈夫なはずだ」

 もしメルセデスがまた1年契約を提示した場合、その時は”話し合う必要があるね”とボッタスは冗談を交えたが、彼は複数年契約の締結を望んでいると繰り返し主張した。

「僕はこれまで1年契約を締結してきたから、少なくとも今後2年間は何ができるのかを知りたいんだ」

 彼は、チームとの話し合いにおいて自分が影響力を持つために他チームからオファーを受けることに興味はないといい、チーム代表のトト・ウルフとも良い関係を築いていると話した。

「僕らはたくさんのことを話し合っている」

「自分のパフォーマンスやマシンパフォーマンスに関して、常にとてもオープンに話している。まだ来年のことは何も話をしていないし、少し早すぎるのではないかと僕たちは考えている」

 メルセデスにおけるドライバー同士の関係は、ハミルトンとニコ・ロズベルグが組んでいた時よりも、現在の方が良さそうだ。かつてはチームメイト同士の関係性が難しいものになり、コース上での大きなインシデントに繋がった。しかしハミルトンとボッタスは、円満な関係性を築いている。

「良いスタートを切ったけど、それは僕たちがお互いのことをより良く知ったからだ」とボッタスは語った。

「僕たちはしっかりと敬意を払っている」

「あの時のレース(アゼルバイジャンGP)の後、彼はすぐに僕のところに来て、『本当に良いレースをしたし、優勝に値する』と言ってくれた」

「僕たちは良いコンビだ。協力してチームを助け、仕事をしている。だけど僕らは勝ちたいんだ。彼は本当に完璧なドライバーだし、僕も”自分はますます完璧に近づいている”と感じている」

 前戦スペインGPを終えて、ボッタスはドライバーズランキング3位につけている。ランキング首位のハミルトンとは37ポイント差だ。もしバクーで優勝を逃していなければ、ハミルトンとほぼ同じレベルにいただろうとボッタスは考えている。

「ひとつのレースのせいで、おそらく僕はいちばん落ち込んだ」

「残り3周のところでレースをリードしていたのに、そのリードが奪われたんだ。あれは厳しかった」

「チャンピオンシップのことを考えると辛かった。だけどその結果を変えることはできない。今はこんなにポイントを獲得しているけど、僕は仕事をする必要がある」

Additional reporting by Roberto Chinchero and Erwin Jaeggi

次の F1 ニュース

この記事について

シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース