F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
11 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
39 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
46 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
60 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
74 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
81 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
95 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
102 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
116 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
130 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
158 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
165 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
179 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
186 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
200 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
214 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
221 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
235 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
249 days

ベッテル「接触の責任は、完全にフェルスタッペンにある」

シェア
コメント
ベッテル「接触の責任は、完全にフェルスタッペンにある」
執筆:
2018/10/07 13:34

F1日本GPの決勝レースを6位で終えたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、レース序盤に起きた接触の責任は、明らかにフェルスタッペンにあると主張する。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1日本GPレース序盤のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)との接触について、フェルスタッペンに非があると考えている。

 予選Q3で大失敗を喫したベッテルは、8番グリッドから日本GPの決勝レースをスタートした。彼は順調にポジションを上げ、セーフティカーラン後にはフェルスタッペンと3番手を争うポジションにまで上がっていた。しかし、ベッテルがスプーンでフェルスタッペンのインに飛び込んだ際、両者は接触。ベッテルのフェラーリはスピンし、最後尾付近までポジションを落とした。

 ベッテルはその後も懸命な追い上げを見せたが、結局6位まで戻るのが精一杯。優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)にポイント差を67ポイントまで広げられ、タイトル獲得が絶望的な状況となってしまった。ハミルトンは、最短でいくと次のアメリカGPにも、タイトルを決めてしまう可能性がある。

 フェルスタッペンはベッテルとの接触の前にもキミ・ライコネンと接触している。これについてはコース外を走行し、安全にコースに戻らなかったとして、5秒のタイム加算ペナルティを科されている。

「僕は明らかに、オーバーテイクしようとプッシュしていた。しかし、必死でそうしようとしていたわけじゃない」

 ベッテルはそうSKYスポーツに対して語った。

「彼(フェルスタッペン)にペナルティがあることは分かっていた。しかし、僕らの方が速いと感じていたんだ」

「隙間はそこにあった。しかし、彼は明らかに、僕を見るとすぐにディフェンスを仕掛けてきた。でも、僕はイン側にいたんだ」

「彼は近くに誰かがいると知るとすぐに、プッシュしてはいけない時でもプッシュするんだ。あくまで僕の意見だけどね」

「キミとの出来事を見てごらんよ。フェルスタッペンはコースオフし、そしてコースに戻ってきた。キミが普通にドライブを続けていたら、彼らは接触しただろう」

「必ずしも、別のドライバーが動かなければいけないわけじゃない。僕らはそれぞれレースをしているし、レースは長い」

 ベッテルはスプーンカーブでイン側に入ることができたものの、フェルスタッペンの前に出ることはできていなかった。これについて尋ねると、ベッテルは次のように語った。

「そこに隙間があった。そうじゃなければ、僕がああいうトライをすることはなかっただろう」

 そうベッテルは付け加えた。

「僕は全面的に、何の問題もなかったと思う。時にはもっと接近することもあるし、もっとスペースがあることもある」

「接近するのは普通のことだ。しかし、常にスペースを残しておく必要がある。今回のケースでは、どちらもどこにも行けず、その後で僕らは接触した」

「これはレースの一部だけど、僕はあの動きを後悔はしていない」

「しかし、スペースはそこにあった。そして、彼の(ERS用の)バッテリーは使い切られていた。僕はバッテリーをセーブしていたからブーストできたし、スピードも手にしていた。僕はコーナーをクリアできただろうし、彼とサイド・バイ・サイドになった。でもその後、彼は十分なスペースを与えてくれず、僕らは接触することになった」

次の記事
ハミルトン、ベッテルの”失速”に驚き「中盤までは非常に手強かったが…」

前の記事

ハミルトン、ベッテルの”失速”に驚き「中盤までは非常に手強かったが…」

次の記事

苦しんだグロージャン、マシンからの出火でテレメトリーを喪失

苦しんだグロージャン、マシンからの出火でテレメトリーを喪失
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ロケーション 鈴鹿サーキット
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中 , セバスチャン ベッテル 発売中
執筆者 Matt Beer