F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
14 days

ウイリアムズ、シロトキンのペナルティ等に関する再調査を要求

シェア
コメント
ウイリアムズ、シロトキンのペナルティ等に関する再調査を要求
執筆:
2018/05/08 11:18

ウイリアムズは、アゼルバイジャンGPの決勝レースで下された複数の裁定に関して再調査を求めている。

Sergey Sirotkin, Williams FW41 with broken front suspension
Fernando Alonso, McLaren MCL33 Renault
Fernando Alonso, McLaren MCL33 Renault
Sergey Sirotkin, Williams FW41 on the grid
The crashed car ofSergey Sirotkin, Williams FW41
Sergey Sirotkin, Williams FW41 crahed on lap one

 ウイリアムズは、アゼルバイジャンGPでセルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)に下された裁定について再調査を求めている。またペナルティの対象となったインシデント以外に関しても、詳細な分析を要求した。

 アゼルバイジャンGPのオープニングラップでは、シロトキンはブレーキング中のセルジオ・ペレス(フォースインディア)に後ろから追突。この接触責任を問われ3グリッド降格ペナルティを科された。またペナルティポイントも2ポイント追加されている。

 しかしウイリアムズは、シロトキンへのグリッドペナルティやペナルティポイントについて再考を求めた。さらにピエール・ガスリー(トロロッソ)との接触に関してケビン・マグヌッセン(ハース)に10秒のタイムペナルティとペナルティポイントを科したことや、オープニングラップでキミ・ライコネン(フェラーリ)と接触したエステバン・オコン(フォースインディア)が何も制裁を受けなかったことについても同様だ。

 また彼らは、オープニングラップでシロトキン、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)の3人が絡んだ接触や、この接触の後アロンソがピットに戻るまでの過程に関しても詳細に調べるよう要求している。

 これについてFIAは、「ウイリアムズは、決勝レース1周目のターン2で起きたナンバー14(アロンソ)、ナンバー27(ヒュルケンベルグ)、ナンバー35(シロトキン)が絡んだインシデントについて、スチュワードにこれを再調査するよう求めた」と言及している。

 もしウイリアムズが新たな証拠を発見したり、あるいはバクーでスチュワードが検討しなかった”新たな要素”を見つけたとしたら、シロトキンのペナルティに関する再調査が始まるだろう。国際モータースポーツ競技規則には、そういった場合はこれが通常の手順であると明記されている。

 3人のドライバーが絡んだインシデントに関しては、アゼルバイジャンGPのオーガナイザーや、トム・クリステンセンを含むスチュワードらが参加し、テレビ会議という形での話し合いが火曜日に行われる。

 もしFIAが事前のヒアリングにて新しい証拠を発見した場合、その1時間後に次のヒアリングが行われ、そこでこの証拠について話し合われる予定だ。

 FIAはウイリアムズに対して以下のように通達した。

「あなた方はスチュワードよりも先に、この(再調査に関する)要求に関係する証拠を用意することを求められている。競技規則14条で定義されている”新たな要素”があるかどうかについて、事前のヒアリングで決定されることになる」

「その後、新しい要素がスチュワードによって存在すると決定された場合、再調査を行うために次のヒアリングが行われる。競技規則に従って新たな要素が認められた場合にのみ、2度目のヒアリングが行われる」

次の記事
まさかの珍事? 市販車用クラッチをネットで注文したら”F1用”が届く

前の記事

まさかの珍事? 市販車用クラッチをネットで注文したら”F1用”が届く

次の記事

ガスリー、不振の原因は”PUだけではなくシャシーにもある”と分析

ガスリー、不振の原因は”PUだけではなくシャシーにもある”と分析
コメントを読み込む