メルセデス、フェルスタッペンのディフェンスに不満「ペナルティが出ないのは”笑える”」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、F1サンパウロGPでフェルスタッペンがハミルトンに対してターン4で行なったディフェンスはペナルティが出されるべきだと語った。

メルセデス、フェルスタッペンのディフェンスに不満「ペナルティが出ないのは”笑える”」

 F1第19戦サンパウロGPは、10番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)が怒涛の追い上げで逆転優勝。エンジン(ICE)交換によるグリッド降格や、DRSの故障による予選結果除外を乗り越え、タイトル争いで非常に重要な1勝を手にした。

 あっという間に先頭集団に追いついたハミルトンは、48周目にフェルスタッペンを捉え、ターン4でアウト側から回り込んでオーバーテイクしようとした。だがブレーキングで両車ともがコースオフ。ハミルトンは無線で、フェルスタッペンのこの動きを”クレイジー”だと批判した。

 スチュワードは、この一件を記録はしたものの、審議は行なわないことを決定。ペナルティは出されなかった。

 結局、11周後に同じコーナーでフェルスタッペンを抜いたハミルトン。この勝利で、フェルスタッペンとのポイント差を14ポイントまで詰めた。

Read Also:

 メルセデスのトト・ウルフ代表はレース終了後、様々なスチュワードの決定に関して「週末全体が我々にとって不利なものになった」と述べた。

「リヤウイングに壊れた部品があって、それを見ることも分析することもできず、検査を通らず、失格になってしまった」

「レッドブルはパルクフェルメ状態で3回連続でリヤウイングが破損していたが、修復が許可され何の影響もなかった」

「これがひとつの問題であり、レース中の判定でそれがピークに達したのは明らかだ。つまり、マックスのディフェンスは本当に間違っていたということだ」

「ルイスは見事に接触を避け、さらにレースを終わらせた」

「しかし、あれはラインを越えていたのだから、少なくとも5秒のペナルティを科すべきだった。おそらくマックスはそれを知っていたのだろう。カーペットの下に隠しても、それは氷山の一角に過ぎない」

「笑える話だよ」

 レース後、ターン4の動きについて語ったハミルトンは、「それが正しいか間違っているかにかかわらず、彼らはそういう判断を下すだろうと思っていた」としながらも、それが公平かどうかについては言及したくないと話した。

「そんなことはどうでもいい、僕は必要な結果を得たんだから」

 もし逆の立場だったら、裁定がどうなっていたと考えるかと訊かれ、ウルフはmotorsport.comに次のように答えた。

「私はスチュワードに何かを主張したいとは思っていない」

「彼らはとにかく難しい仕事をしている。どんな決定を下したとしても、どこかのチームは不機嫌になるだろう。彼らは負けるしかないのだから、そういう意味で私はその椅子に座りたくはない」

「しかしある意味で、週末の間ずっとパンチを食らっていて、その上こんな状況になってしまったら、信頼を失ってしまう」

 ウルフは、ドライバー同士の激しいレースには賛成だが、ルールは一貫して適用されなければならないと主張した。

「ディレクターズノートに書かれていることが何であれ、我々はそれを受け入れるつもりだ。ディレクターズノートが破棄されて、今日のように激しいレースをすることになっても構わない」

「しかし、メキシコではディレクターズノートに『誰かをコース外に押し出してはいけない』と書かれていて、それがここでも有効で、実際にコース外に追いやられているとしたら、それは一貫性に欠けていると思う」

「レースディレクターとの話し合いは放送されなかったが、私のリアクションは放送された。密室で話し合おうと思っている」

 なおハミルトンは、レース後にもペナルティを受けた。クールダウンラップ中にシートベルトを外し、近くにいたマーシャルからブラジル国旗を受け取ったとして、約65万円の罰金を科されている。

 
Read Also:

シェア
コメント
F1サンパウロGP 決勝:ハミルトンが王者の貫禄を見せつける101勝目! フェルスタッペン後塵拝す。角田裕毅は15位
前の記事

F1サンパウロGP 決勝:ハミルトンが王者の貫禄を見せつける101勝目! フェルスタッペン後塵拝す。角田裕毅は15位

次の記事

F1レースディレクター、ターン4の首位対決”お咎めなし”は「レースさせるという原則に従った」

F1レースディレクター、ターン4の首位対決”お咎めなし”は「レースさせるという原則に従った」
コメントを読み込む