ルノー、レッドブルとの”PU供給”議論は急がず。トップ会談実施の可能性も?

ルノーのシリル・アビテブール代表は、レッドブルへのPU供給の可能性について、両者のトップ同士で話し合いが行なわれる可能性があることを認めた。

ルノー、レッドブルとの”PU供給”議論は急がず。トップ会談実施の可能性も?

 ホンダが2021年限りでF1活動を終了すると発表したことにより、レッドブルおよびアルファタウリは2022年以降のパワーユニット(PU)サプライヤーを探す必要が生じた。

 レッドブルがホンダの技術および知的財産を活用できるような方法を見つけない限り、以前パートナーシップを組んでいたルノーは、レッドブルにとって現実的な選択肢のひとつだと言える。

 レギュレーションでは、PU供給契約の無いチームが申請をした場合、PU供給チーム数が最も少ないマニュファクチャラーに供給義務が生じることになっており、その場合はルノーがレッドブルとアルファタウリへPUを供給することになる。

Read Also:

 ただ、レッドブルとルノーが関係を解消した2018年、両者の関係は円満だったとは言えず、ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールと、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表およびヘルムート・マルコ(モータースポーツアドバイザー)の間の緊張関係は、両者が再度協力関係を結ぶ上での足かせになる可能性があるという見方もある。

 アビテブールは、ルノーの新CEOであるルカ・デ・メオとレッドブル創業者のひとりであるディートリッヒ・マテシッツによって、この件が決定される可能性があることを認めている。

 デ・メオは第11戦アイフェルGPが開催されたニュルブルクリンクに訪れており、日曜日の朝にレッドブルのモーターホームを訪れ、ホーナーやマルコ、アビテブールと一緒にいる姿が写真に撮られている。

「話し合いのレベルについて訊かれた場合、ヘルムートはそうした話し合いの窓口になっていると思う」

 motorsport.comの質問に対し、アビテブールはそう語った。

「だからこれからもそうであることを期待している。とはいえ、ディートリッヒ・マテシッツはルカ・デ・メオのことを知っている。だから、そこで何か議論があるかもしれないね」

「現時点でそんな議論はない。まず、レッドブルはホンダの発表の余震の中にいると思う。私は、レッドブルの内部でそのニュースを知っていたかどうか、分からないけどね」

「しかしいずれにしても、彼らはまだ選択肢を吟味し、理解しようとしているところだと思う。そしてその時がきたら、レギュレーション的に何ができるかを検討するんだと思うよ」

 アビテブールは、PU供給に関する規則は来年まで適用されないため、議論を急ぐ必要はないと述べた。

「何度も言っているように、我々はそのレギュレーションを知っている。我々が、2022年の契約を結んでいないチームにエンジン供給を求められるのは5月中旬になってからだ」

「だから5月中旬まで、多くの時間が残されているんだ。何が起こるかは神のみぞ知る。これからそのギャップを埋めていくんだ」

 motorsport.comの取材に応じたホーナーは、ニュルブルクリンクでの話し合いの中で、PUの話題が挙がったことを否定しなかった。

「言うまでもなく、2021年以降も3社のサプライヤーが残っているんだ。だからその3社と話し合うのは当然だ」と、彼は語った。

「我々には全ての選択肢を評価するための時間がある。だから必然的に、議論が行なわれることになるだろう」

Read Also:

シェア
コメント
キレてないですよ……ラッセル、ポイント獲得のチャンス逃すもライコネン恨まず
前の記事

キレてないですよ……ラッセル、ポイント獲得のチャンス逃すもライコネン恨まず

次の記事

ステアリングがぐらぐら! ハミルトンの無線をメルセデス説明「安全の懸念なかった」

ステアリングがぐらぐら! ハミルトンの無線をメルセデス説明「安全の懸念なかった」
コメントを読み込む