F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
22 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
36 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
64 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
71 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
85 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
99 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
106 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
120 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
127 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
141 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
155 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
190 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
204 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
211 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
225 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
239 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
246 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
260 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
274 days

次の一歩のために。テストドライバー務めたエイトケン、ルノーF1チームを離脱

シェア
コメント
次の一歩のために。テストドライバー務めたエイトケン、ルノーF1チームを離脱
執筆:
2020/02/04 9:35

ジャック・エイトケンは、ルノーF1チームのテストドライバーの任を離れたことを明かした。

 2月3日(月)、ルノーF1チームでテストドライバーを務めていていたジャック・エイトケンは、”次の一歩”のためチームから離脱したことを発表した。

 エイトケンは、2016年2月にルノーが新たに設立したドライバー育成プログラム『ルノー・スポール・アカデミー』のメンバーに選ばれ、GP3に参戦。アーデンに所属した2016年はランキング5位、ARTグランプリに移籍した2017年はランキング2位となった。

 2018年はF2にステップアップし、引き続きARTグランプリに所属したが、チームメイトのジョージ・ラッセルがタイトルを獲得した一方、エイトケンはランキング11位に沈んだ。それでも、カンポス・レーシングに移籍した2019年は3勝を記録しランキング5位となっている。

 また、2018年2月からはルノーF1のリザーブおよび開発ドライバーを務めていた。

「僕は、非常に刺激的な次のステップを踏み出せるようにしてくれたルノーとアカデミーに感謝している。モータースポーツの頂点であるF1に到達するという目標を目指し、キャリアを続けていけるだろう」

 そうエイトケンはコメントした。

「ルノーF1チームとそのドライバーが、今後成功を収められるよう祈っている」

「僕はまだ、2020年シーズンの活動計画を発表できる立場にないけど、すぐにニュースをお知らせできると思う。僕のソーシャルメディアに注目していてほしい」

 ルノーの広報担当者は、次のように語った。

「ルノーF1チームは、ジャック・エイトケンの幸運を祈っている。過去4シーズンに渡って、彼がチームのために行なった仕事に感謝する」

 パドックにおける噂では、エイトケンは2020年もカンポスからF2に参戦するのではないかと言われている。

Read Also:

次の記事
ティフォシ必見! 70周年記念作品“Ferrai in ART”が代官山蔦屋書店で販売

前の記事

ティフォシ必見! 70周年記念作品“Ferrai in ART”が代官山蔦屋書店で販売

次の記事

チームが不満を訴えても……18インチタイヤ導入”廃止”は絶対にない?

チームが不満を訴えても……18インチタイヤ導入”廃止”は絶対にない?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2
ドライバー ジャック エイトケン
執筆者 Jack Benyon