FEニッサンのアルボン、来季トロロッソ・ホンダの候補に急浮上

シェア
コメント
FEニッサンのアルボン、来季トロロッソ・ホンダの候補に急浮上
執筆: Adam Cooper
2018/10/17 0:17

F2参戦中のアレクサンダー・アルボンが、来季のトロロッソ・ホンダのドライバー候補として急浮上した。

 来季のトロロッソ・ホンダには、かつて同チームのマシンをドライブしていたダニール・クビアトが復帰することが決まっている。しかし、もう一台のマシンのドライバーは、まだ未定である。

 その候補としては様々なドライバーの名前が挙げられてきたが、ここへ来てタイ国籍のアレクサンダー・アルボンの名が急浮上してきた。

 アルボンは今季FIA F2選手権に参戦中。3勝を挙げ、ランキング2位につけている。

 ただアルボンは既に、ニッサン・e.ダムスのドライバーとして、フォーミュラEの第5シーズンに参戦することが決まっており、F1デビューを果たすためには、このニッサンとの契約を破棄する必要がある。

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、アルボンの契約についてニッサン側と話をしているようだ。早ければ今後数日のうちに、その交渉がうまくいったかどうか、その結果が明らかになるだろう。

 一方でニッサン側は、既に契約を交わしたドライバーを失う可能性があることについて、非常に不満を抱いているとも伝えられている。

 アルボンは、10月16日(火)からバレンシア・サーキットで行われているフォーミュラEのプレシーズンテストに参加する予定だった。しかしその初日、アルボンがサーキットに姿を見せることはなかった。

 アルボンは、当初はF1昇格を目指していた。しかし、その可能性が潰えたと考えたため、ニッサンとの複数年にわたるフォーミュラE参戦契約を締結。セバスチャン・ブエミと共に戦うことを決めた。

 しかしその後、状況が一変する。レッドブルから、ダニエル・リカルドが離脱することが決定。そのシートには、現トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが昇格することになった。そのためトロロッソは、ドライバーの選択肢が著しく不足することとなった。

 結局、前述の通りクビアトの復帰が決定。ただもうひとりのドライバーは依然決まらず、アルボンに白羽の矢が立ったのだ。

 アルボンのトロロッソ・ホンダ加入が決定すれば、来季のF1にはウイリアムズ入りが決まっているジョージ・ラッセル、マクラーレンに加入するランド・ノリスを含め、3人のF2出身のルーキーが参戦することとなる。

次の記事
メルセデス代表もミック・シューマッハーを賞賛「必要なモノが備わっている」

前の記事

メルセデス代表もミック・シューマッハーを賞賛「必要なモノが備わっている」

次の記事

ガスリー、初のオースティンに挑戦「僕らのマシンは確実に進歩している」

ガスリー、初のオースティンに挑戦「僕らのマシンは確実に進歩している」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー アレクサンダー アルボン
チーム ダムス , トロロッソ 発売中
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース