F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
12 days

Q2敗退のアルボン、決勝には期待大? 「11番グリッドはなかなかいい位置」

シェア
コメント
Q2敗退のアルボン、決勝には期待大? 「11番グリッドはなかなかいい位置」
2019/05/12 7:00

アレクサンダー・アルボンは、予選12番手に終わったものの、決勝レースには期待を持っているようだ。

 トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1スペインGP予選で12番手だった。

 フリー走行3回目ではアルボンが7番手につけるなど好調さを見せていたが、チームメイトのダニール・クビアトが予選9番手を獲得したのに対し、アルボンは初のQ3進出とはならなかった。

 アルボンは予選を振り返って、ホンダの公式リリースに次のように語っている。

「実は、今日はたくさんのミスをしてしまいました」

「予選セッション中の調子はとてもよかったのですが、ターン5の入り口で違うことをトライしてみようとプッシュしすぎてしまい、コーナー出口で大きくはみ出てしまいました。タイヤはとても繊細なので、残りのラップではスライドしてしまうリアタイヤを制御するのが大変でした」

「自分のやるべきことがきちんとできなかったので、自分自身にフラストレーションを感じています」

 なお、予選10番手となったダニエル・リカルド(ルノー)は、前戦アゼルバイジャンGPでクビアトに接触したことにより、今回3グリッド降格ペナルティを受ける。それにより、アルボンは11番グリッドからスタートすることとなる。 これはスタートタイヤを自由に選択できるドライバーの中で最も上位のグリッドだ。

 アルボンは最後に、レースに向けての意気込みをこう語った。

「Q3に進めるだけの力はあったはずです。ただ、昨日のセッションでのレースペースの手応えはよかったので、予選12番手、決勝スタートは11番グリッドという結果は、なかなかいい位置ではないかと思います」

次の記事
フェルスタッペン、表彰台争いに自信を見せる。「ロングランに手応え」

前の記事

フェルスタッペン、表彰台争いに自信を見せる。「ロングランに手応え」

次の記事

ベッテル&フェラーリ、浮上のきっかけを模索中。大胆なセットアップ変更が功を奏す?

ベッテル&フェラーリ、浮上のきっかけを模索中。大胆なセットアップ変更が功を奏す?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第5戦スペインGP
サブイベント Q1
ドライバー アレクサンダー アルボン
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中