トロロッソの”新人”アルボン、シェイクダウンでF1マシン初ドライブ

シェア
コメント
トロロッソの”新人”アルボン、シェイクダウンでF1マシン初ドライブ
執筆:
2019/02/14 0:10

トロロッソからF1デビューするアレクサンダー・アルボンは、2019年のマシンSTR14のシェイクダウンが、初のF1ドライブとなった。

 トロロッソは、ホンダとの提携2年目となる2019年を戦う新車STR14を2月11日(月)に発表した。

 チームは13日にミサノ・サーキットでシェイクダウンを実施したが、これがルーキーのアレクサンダー・アルボンにとって初のF1ドライブとなった。

 昨年11月の2018シーズン最終戦アブダビGPが終わった段階では、アルボンのトロロッソ起用は発表されていなかった。彼はニッサン・e.ダムスと契約し、フォーミュラEに参戦する予定だったのだ。

 11月27日にアルボンのF1参戦が発表されたが、翌28日からスタートしたアブダビのピレリタイヤテストに参加することはできず。ニューマシンのシェイクダウンが、F1マシンに慣れるための貴重な機会となった。

 とはいえ、すでにシミュレーターでは走行を重ねているアルボン。シェイクダウンでの走行は「できるだけ早くマシンを理解することを目的としたもので、(開幕戦の)メルボルンに役に立つ」と話した。

 彼は、慣れる必要がある要素として、F1マシンの横幅とチーム内のメンバーがジュニアカテゴリーと比べてはるかに多いことを挙げた。

「間違いなく、学習曲線は急になることだろう」と、アルボンはトロロッソのプレスリリースにコメントを寄せた。

「メルボルンの前に僕がF1をドライブできるのは、バルセロナでのテスト4日間分だけだ。あまり多くはない」

「主に、マシンの中で快適に感じられるかどうかだったり、できるだけ早くスピードを上げるといったことに集中する」

「僕の個人的な準備という点では、自分に過度なプレッシャーをかけず、初日から僕の持っている全てをぶつけるようにする」

「今年は、僕が得たチャンスを全ての人に見せるんだ」

次の記事
最初から完璧じゃなくてもいい……フェルスタッペン、テスト開幕を切望

前の記事

最初から完璧じゃなくてもいい……フェルスタッペン、テスト開幕を切望

次の記事

ウイリアムズ、シェイクダウンをキャンセルへ。規則変更決定遅れが原因?

ウイリアムズ、シェイクダウンをキャンセルへ。規則変更決定遅れが原因?
Load comments