アルボンは”無能”じゃない! ラッセル、マシンに手を焼くアルボンを擁護

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、ハンガリーGP予選で13番手と苦しんだアレクサンダー・アルボンが”無能”に見せかけられていると語った。

アルボンは”無能”じゃない! ラッセル、マシンに手を焼くアルボンを擁護

 ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンと比べてパフォーマンスが振るわないアレクサンダー・アルボンについて、”無能”のように見せかけられてしまっていると話した。

 低速レイアウトが特徴のハンガロリンクで、レッドブルは優勝候補の一角だと目されていたものの大苦戦。アルボンは不安定なマシンに苦しみ、予選13番手に終わった。

 一方、フェルスタッペンは予選Q3に進出したが、ポールシッターであるルイス・ハミルトン(メルセデス)には1.4秒もの大差をつけられ7番手に留まった。

Read Also:

 開幕戦オーストリアGPではメルセデス勢に襲いかかるなど、見せ場を作ったアルボンだが、第2戦シュタイアーマルクGPではフェルスタッペンよりもレースペースが悪く、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)に追い立てられる場面もあった。

 アルボンはパフォーマンスの面でプレッシャーがかかりつつあるが、ラッセルはそうした状況は不当だと考えている。

 ラッセルとアルボンは2018年にF2タイトルを争い、ラッセルが王座を獲得している。また、2016年のGP3でアルボンは、シャルル・ルクレール(現フェラーリ)とタイトル争いを展開している。

「僕が言いたいのは、アレックスのことは昔から知っていて、15年前にも同じパドックにいたということだ」

 そうラッセルはスカイスポーツF1に語った。

「彼は僕たちがレースをしてきた中でも最高のドライバーのひとりだ。マックスやシャルル、僕たち全員が彼は常に最前線にいたと言うだろう」

「だから僕は、一体何が起きているか分からない。彼が無能に見えるようにされているから、本当に気分が悪い。全くそうじゃないんだ」

「彼はこれまであらゆることで勝ってきた。何が起きているかは分からないけど、彼ら(レッドブル)は彼のために状況を整理する必要がある」

 一方のウイリアムズはラッセルが予選12番手、ニコラス・ラティフィが15番手。ウイリアムズが2台共にQ2に進出するのは、2018年のイタリアGP以来初めてとなる。

「僕たちの目標は、Q2進出とアルファロメオ、ハース勢を上回ることだった」とラッセルは説明した。

「Q1の始めからクルマが活き活きしていて、目標を全てクリアできた」

「実際、わずかな差でQ3進出を逃してしまったので、実際にはイライラしてるよ! だから少し落ち着きたいけど、嬉しいのは確かだ」

Read Also:

シェア
コメント
優勝候補一転、予選で大苦戦……フェルスタッペン「何かが完全には機能していない」

前の記事

優勝候補一転、予選で大苦戦……フェルスタッペン「何かが完全には機能していない」

次の記事

首位争いの期待も、まさかの7番手。ホンダ田辺TD「非常に厳しい結果になった」

首位争いの期待も、まさかの7番手。ホンダ田辺TD「非常に厳しい結果になった」
コメントを読み込む