F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
24 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
38 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
53 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
66 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
80 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
87 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
101 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
108 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
122 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
136 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
143 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
157 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
171 days

今年のレッドブル・ホンダは扱いやすい? アルボン「去年より一歩前進した」

シェア
コメント
今年のレッドブル・ホンダは扱いやすい? アルボン「去年より一歩前進した」
執筆:
協力: Adam Cooper
2020/02/24 11:02

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、2020年用”RB16”は「扱いやすい」と感じており、昨年マシンRB15と比べて「一歩前進している」と語っている。

 ホンダとの2年目のシーズンを迎えるレッドブル。昨シーズン中盤から同チームのドライバーを務めているアレクサンダー・アルボンは、ニューマシンRB16は扱いやすいマシンになっていると感じているようだ。

 2019年型車であるRB15は、ドライバーが乗りこなすのは難しいマシンだった。にも関わらず、マックス・フェルスタッペンが3勝を挙げる活躍をみせた。

 アルボンはレッドブルでの初のフルシーズンを前に、カタルニア・サーキットで行なわれたプレシーズンテスト前半に参加し、全体13番手となるタイムを記録。チームメイトのフェルスタッペンは、初日にC3タイヤで全体6番手となるタイムを記録している。

「間違いなく扱いやすいと言えるだろう。クルマのことをよく感じられるという意味ではね」

 そうアルボンはRB16について語った。

「ドライブするのが気持ちいい。本当にそうなんだ」

「昨年はマシンのいくつかの部分で、少し弱いと感じられるところが常にあったんだ」

「でもマックスと僕は、同じようなフィードバックを返していた。だから冬を越えるにあたって、どの方向に進みたいかはハッキリしていたんだ」

「すでに最初のテストで、マシンは間違いなくそういった部分でのフィーリングが良くなっていた。だから、僕らは一歩前進したんだ」

 フェルスタッペンはRB16について「より一貫性があると感じている」と語っている。

「でも、それも目標としていることだった。だから本当の意味での驚きではなかった」

「昨シーズンの終わりから、僕らはそれに取り組んでいた。今年に向けたアイデアを、昨年の段階からいくつかテストしていたんだ」

「だから、冬の段階から目標を絞っていた。そしてマシンに乗り込んだら、それを感じることができた」

 最初のテストでは、レッドブルはアタックラップを行なうことはほとんどなく、マシンのポテンシャルをまだ隠しているようにも感じられる。一方でフェラーリは、「現時点ではライバルたちの方が、我々よりも速い」とも語っている。

 レッドブルRB16について、どんな部分で作業を加える必要があるのか? それについてフェルスタッペンは、次のように語った。

「まぁ、どんな時でももっと良くするための仕事をするよね。そうだろう?」

 そうフェルスタッペンは言う。

「だから、あらゆる部分で改善すべきことを探そうとしている。でもそれは、1年中同じだ」

「今はただ、たくさんの周回数をこなすだけだった。セットアップをただ固定していたわけじゃない。走る度にマシンを変え続けるんだからね」

「時にはマシンに変更を加えない方がいいかもしれない。でも少しマシンをチェックして、適当な周回数を確実にこなさなければいけない。それがこのマシンを本当の意味で強調することになるんだ」

 

Read Also:

次の記事
分かれる“ピンク・メルセデス”への賛否。レッドブル代表は擁護派?「理に適っている」

前の記事

分かれる“ピンク・メルセデス”への賛否。レッドブル代表は擁護派?「理に適っている」

次の記事

“不公平”なF1は「フェデラーが卓球ラケットで世界を目指す」ようなものとグロージャン

“不公平”なF1は「フェデラーが卓球ラケットで世界を目指す」ようなものとグロージャン
コメントを読み込む