F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
56 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
70 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
84 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
105 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
119 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
140 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
154 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
161 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
175 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
189 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
217 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
224 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
245 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
259 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
273 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
280 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
294 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
308 days

ハミルトンから謝罪のメッセージ……初表彰台を失ったアルボン「本当に良かった」

シェア
コメント
ハミルトンから謝罪のメッセージ……初表彰台を失ったアルボン「本当に良かった」
執筆:
2019/11/30 1:02

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1ブラジルGPでメルセデスのルイス・ハミルトンと接触し、自身初の表彰台獲得を逃したが、ハミルトンから謝罪のメッセージを受け取ったことに感謝していると語る。

 レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、ブラジルGPでの接触について、アブダビでもメルセデスのルイス・ハミルトンから改めて謝罪を受けたという。しかしその一方で、アルボンも接触を避けることができたかもしれないと考えている。

 アルボンはF1での自身初表彰台を目指し、ブラジルGPの最後のセーフティカー解除の瞬間を迎えた。当時、レースは残り2周だった。

 しかし、新品のタイヤを履き、猛烈な勢いで後方から追い上げてきたルイス・ハミルトン(メルセデス)がアルボンを猛追、そして接触してしまう。アルボンはスピンを喫し、大きくポジションを落とすことになってしまった。

 ハミルトンはこの接触についての全ての責任を認め、5秒のタイム加算ペナルティを受け、7位に降格となった。

 アルボンは表彰台を失ったことは「痛い」と語ったが、ハミルトンからレース後に謝罪を受けたことを感謝し、その後ハミルトンからさらなるアプローチがあったことを明かした。

「表彰台を失ったのは痛いけど、将来もっとチャンスがあるだろう」

 そうアルボンは語った。

「ルイスとのことについても、本当にに良かった」

「彼はダイレクトメッセージでメッセージをくれて、すごく謝ってくれたんだ」

 レース後すぐにハミルトンが非を認めたことに驚いたかと尋ねると、アルボンは次のようにmotorsport.comに対して語った。

「うん、そう思うよ。色々な状況があるけど、もちろん、ルイスを完全に責めることはない」

「僕の方にも、クラッシュを避けるためにできたことがあるかもしれない。最初はびっくりしたけど、それは可能性のひとつに過ぎなかった」

「あの接触は、常に起きることだとは限らなかった。すぐ次のコーナーやターン1でも起きる可能性があったんだ」

 アルボンは、コーナーのイン側にハミルトンがいることが見えておらず、誰もいないことを”期待”してターンインしたという。

 他にインを守るための術はなかったのかと尋ねられたアルボンは、motorsport.comに対して次のように答えた。

「様々な状況が重なっていた。今回のことは、それらのうちのひとつだ。もしああいうコーナーでディフェンスをし過ぎた場合、ターン1でもっと無防備になってしまう」

「最も影響の大きいところでタイムを失いたくはない。マシンの速度が良くなったからといって、ディフェンスをやり過ぎてしまった場合、オーバーテイクされてしまうことになる」

「そういうことが起きた場合、僕がやったように、ギャップを広げることもできるし、コーナーをワイドに走ることもできる」

「現時点では、前回のことはそのような物のひとつに過ぎなかった。もちろん、接触しない方が良いと思うけどね」

Read Also:

次の記事
FP2赤旗の原因に……グロージャンと接触のボッタス、叱責処分を受ける

前の記事

FP2赤旗の原因に……グロージャンと接触のボッタス、叱責処分を受ける

次の記事

ホンダPU勢全4台がトップ10入り。田辺TD「まずは悪くない結果だった」

ホンダPU勢全4台がトップ10入り。田辺TD「まずは悪くない結果だった」
コメントを読み込む