F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
28 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
42 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
70 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
77 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
105 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
112 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
133 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
147 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
161 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
189 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
196 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
210 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
217 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
231 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
245 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
252 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
266 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
280 days

アルボンとフェルスタッペンには“同じ長所”がある……レッドブル代表が語る

シェア
コメント
アルボンとフェルスタッペンには“同じ長所”がある……レッドブル代表が語る
執筆:
2020/01/29 7:45

レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンとマックス・フェルスタッペンはプレッシャーへの対処という点で、多くの似通った長所があると話した。

 アレクサンダー・アルボンは、2019年からトロロッソのドライバーとしてF1デビュー。しかし後半戦から急遽レッドブルに加入、最終戦まで戦うこととなった。当初レッドブルのドライバーを務めていたピエール・ガスリーがパフォーマンスを発揮しきれず、前半戦を終えた段階でトロロッソに降格させられたことを受け、その後任に大抜擢されたのだった。

Read Also:

 当初、アルボンとガスリーのどちらが2020年にマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めるのかは定かではなかったものの、最終的には一貫したパフォーマンスを示したアルボンが継続起用されることになった。

 2020年シーズンはレッドブルとホンダのタッグ体制も2年目となり、フェルスタッペンにはタイトル獲得に挑むことも期待されている。

 では、チームはアルボンの2020年シーズンに何を期待しているのか? それをチーム代表のクリスチャン・ホーナーに訊いた。

「まず、恐らく彼のレースキャリアにおいて初めてのコトだろう」

 ホーナーはこれまでに厳しいレースキャリアを過ごしてきたアルボンが過ごす、“穏やかな”オフシーズンについて口を開いた。

「彼はこのオフシーズンから、ただ恩恵を受けるだろう。彼はキャリアを通じて多くの逆境に対処してきた」

「私は逆境にあるときに人々の素顔が見えると思っている。そして、彼の決意や性格が、そこに示されていたと思う。そして今、彼がこうした安定した状況からプラスになる何かを引き出すことになるだろうことは間違いない」

「そして、彼はプレッシャーへの対処する能力において、マックスと多くの長所を共有している」

 アルボンはブラジルGPでルイス・ハミルトン(メルセデス)と接触したことにより表彰台獲得のチャンスを逃しているが、それでもコンスタントにポイント獲得した。しかしチームメイトとは速さという面ではまだ差がある状況だ。ホーナーは、アルボンが2020年も継続して改善に取り組む必要があると話した。

「2020年に向けては、(アルボンに)特定の目標は無い。彼はただ改善を続けなければならない」

「彼は自分のレースをして、どんどん良くなっているところを示している。ブラジルでの件は不運だった。だが彼はとても上手くやっていると思う。2つの異なるチームでのドライビングに加え、“マックス・フェルスタッペンがチームメイト”というプレッシャーもあるんだ」

「彼はそういったプレッシャーにも上手く対処していた。彼のアプローチや態度、フィードバックや成長速度といったものは、チーム全体に良い印象をもたらしたと思う」

Read Also:

次の記事
復活目指すウイリアムズ、レッドブルとルノーから人材獲得。技術部門の補強図る

前の記事

復活目指すウイリアムズ、レッドブルとルノーから人材獲得。技術部門の補強図る

次の記事

F1日本GP、決勝スタートは13時10分に。昨年より1時間早く

F1日本GP、決勝スタートは13時10分に。昨年より1時間早く
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー アレクサンダー アルボン
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy