F1 2019
トピックス

F1 2019

トロロッソ・ホンダ、アルボンの起用を正式発表。クビアトのチームメイトに

シェア
コメント
トロロッソ・ホンダ、アルボンの起用を正式発表。クビアトのチームメイトに
執筆: Matt Beer
2018/11/27 0:43

トロロッソ・ホンダは、来季のドライバーとしてアレクサンダー・アルボンを起用することを発表。これで来季のF1シートが実質的に埋まったことになる。

 トロロッソ・ホンダは、2019年のドライバーとしてアレクサンダー・アルボンを起用することを正式発表した。

 2012年までレッドブル育成ドライバーだったアルボンは、今季FIA F2選手権のタイトルを争い、スーパーライセンス獲得の可能性が高まったことから、10月ごろからトロロッソF1のドライバー候補の一人となった。

 しかし彼はすでにニッサン・e.ダムスの一員としてフォーミュラEに参戦することを発表していたため、事態は複雑になってしまった。フォーミュラEのプレシーズンテストが始まる直前というタイミングで、アルボンは参戦契約の解消を願い出たため、ニッサン側を驚かせた。

 motorsport.comの調べでは、11月27日(月)になってアルボンとニッサン間の障害が解消されたことで、アルボンのF1参戦が正式発表につながった。

 トロロッソのフランツ・トスト代表は、彼のF2でのパフォーマンスがチャンス獲得につながったと話した。

「2018シーズンが印象的だった。彼は4勝しランキングを3位で終えた」

「彼がレースで見せたオーバーテイクは成熟したものであり、F1でレースする準備が整っていることを示している」

 アルボンは「来年F1に参戦できるなんて、素晴らしい気分だ」と語った。

「僕はシングルシーターのキャリアを通じて、浮き沈みを経験した。2012年にレッドブルの育成じゃなくなって、F1への道が難しくなったことは分かっていた」

「毎回、マシンに乗るたびに良い印象を与えようと本当に頑張ってきた。僕のことを信じて、セカンドチャンスをくれたレッドブルに感謝しなければならない」

 アルボン起用の正式発表により、来季のF1ドライバーラインアップがほぼ決定。残るはレーシングポイント・フォースインディアの1人のみが未発表だが、これはランス・ストロール起用が確定的だ。

次の記事
ハミルトンとベッテル、”ヘルメット交換”で2018年の激闘を称え合う

前の記事

ハミルトンとベッテル、”ヘルメット交換”で2018年の激闘を称え合う

次の記事

アロンソに僅か0.2秒差。NASCAR王者ジョンソンの”真剣”なF1初テスト

アロンソに僅か0.2秒差。NASCAR王者ジョンソンの”真剣”なF1初テスト
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー アレクサンダー アルボン
チーム トロロッソ 発売中
執筆者 Matt Beer