F1 スペインGP

ウイリアムズのアルボン、規定数以上のPUコンポーネント投入でF1スペインGP決勝はピットレーンスタートに

ウイリアムズは、アレクサンダー・アルボンのマシンに規定数以上のPUコンポーネントを投入。F1スペインGP決勝をピットレーンからスタートすることとなった。

Alex Albon, Williams FW46, Nico Hulkenberg, Haas VF-24

Alex Albon, Williams FW46, Nico Hulkenberg, Haas VF-24

写真:: Sam Bloxham / Motorsport Images

 ウイリアムズはF1スペインGP決勝に先立ち、アレクサンダー・アルボンのマシンに搭載されているパワーユニット(PU)のコンポーネントを交換。規定数を超えたため、決勝でアルボンはピットレーンからスタートすることとなった。

 ウイリアムズが今回アルボンのマシンに投入したのは、3基目のエナジーストアと3基目のコントロールエレクトロニクス。これらのコンポーネントは、年間2基までとレギュレーションで規定されており、3基目以降はペナルティの対象となる。

 スペインGPでウイリアムズ勢は苦戦しており、予選でもアルボンが19番手、チームメイトのローガン・サージェントが20番手と最後列からのスタートが決まっていたため、ピットレーンスタートのダメージは少ない。

 アルボンのPUエレメント交換に関して、FIAスチュワートの報告書には次のようにある。

「FIAテクニカルデレゲートの承認なしにPUエレメントを交換したことは、2024年F1スポーティングレギュレーション第40.3条に適合していない」

「そのため、23号車(アルボン)は2024年F1スポーティングレギュレーション第40.9条に従って、ピットレーンからレースをスタートする必要がある」

 アルボンは予選Q1で各車のアタックの間を縫い、トラフィックの少ないコース上でタイム計測を行なう戦略を取った。一時は12番手までポジションを上げていたものの、終盤にタイムを改善したドライバーに蹴落とされてしまった。

Alex Albon, Williams FW46

Alex Albon, Williams FW46

Photo by: Zak Mauger / Motorsport Images

 Q1はトップタイムを記録したメルセデスのルイス・ハミルトンからアルボンまでが1.010秒差の接戦だったが、アルボンは19番手でノックアウトとなった。

「今の中団争いがいかに強力かをあらわしている。僕はマシンのフィーリングも良かったし、バランスもよかった」とアルボンは予選を振り返った。

「タイヤに関しては適切なポジションになかったと思う。僕らはタイヤの温めが少し足らなかったと感じていたし、ターン1とターン2ではバランスに少し苦労した。それが現状だ。とても接近しているんだ」

「昨年と今年を比べると、僕らは大きな進歩を遂げた。ドライビングのフィーリングはとても良くなっているけど、まだ多少(マシン)重量が重いのは明らかだ」

 なお20番手サージェントは、予選中にアストンマーティンのランス・ストロールをターン10でブロックしたことが原因で3グリッドの降格処分を受けたものの、最下位+アルボンのピットレーンスタート決定で19番手から決勝スタートを迎える。

 

前の記事 アルピーヌのガスリー、予選での快走は不思議と明かす。なお“いわく付き”同僚オコンとスタート横並びも「僕はいつだってクリーン」
次の記事 ピアストリ、予選PPのチームメイトと明暗分かれる。調子の上がらない理由はつかめていない?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本