F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

マシンの動きがより“予測”できるように? アルボン、苦戦のトンネルに希望の光か

シェア
コメント
マシンの動きがより“予測”できるように? アルボン、苦戦のトンネルに希望の光か
執筆:
, Grand prix editor

レッドブルのアレクサンダー・アルボンはF1ベルギーGPで改善が見られ、予選を5番手で終えた。彼曰く、今週末のマシンには一貫性がより備わっているという。

 F1ベルギーGPではレッドブルのアレクサンダー・アルボンが調子を上向かせている。

 アルボンはこれまでのところ苦戦が続いており、表彰台獲得はゼロ。チームメイトのマックス・フェルスタッペンのペースに匹敵することができず、ポイント面にもそれは如実に表れてきた。それは今季用のマシンRB16が扱いづらい特性であるということも関係しているようだった。

Read Also:

 しかしベルギーGPが始まると、アルボンは金曜フリー走行からマシンにいい感触を持てたと明かしており、これまでよりも順調に推移している様子だった。実際、予選でも今季ベストタイの5番手タイムを獲得している。

「間違いなくポジティブなことだと捉えているよ」と、アルボンは予選後に語った。

「正直、クルマはFP1から良い感触だった。それからは毎回改善していくだけだった。何かを探さなくちゃという感じは無かった。微調整であって、予選でも大きな驚きは無かったよ」

「少なくとも僕にとってはほんの小さなことだけど、直感的にドライブすることができる。コーナー進入から中盤にかけての流れが少し良くなっていて、以前よりも少し自信を持って走れるんだ」

「これは良いステップだよ。これがガレージで作業をしてきたことだと思うし、僕らは正しい方向に向かっていると思う。それは間違いない」

 アルボンによると、今週末の改善でマシンはより動きが予測できるものになり、より自信を持てるようになったという。

 そして、その改善にはレッドブルがベルギーGPへ持ち込んだいくつかのパーツが役に立ったようだ。

「マシンを走らせると、数周、もっと言えば数コーナーでバランスが良いのか、悪いのかを感じることができる」

「ここでのマシンは、さっきも言ったようにコーナーへ入るところからより予測がつくし、一貫性のあるドライブができるんだ」

「マックスと僕はマシンをより一貫性のある、予測可能なものにしようと話してきた。僕らがここに持ち込んだものは、必ずしもダウンフォースに対処するためのものじゃない。そうした領域を手助けするもので、それがポジティブだった」

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はアルボンの改善は「見ていて良いものだった」と語っており、昨年レッドブル昇格後初のレースを迎えたサーキットに戻ってきたことも、いい影響を与えたのではないかと述べた。

「今週末、アレックスは上手く走っている。彼はここでマシンがより好みにあっていることに気がついたんだ」

 ホーナーはそう語った。

「我々はバルセロナからベルギーの間で、彼のためにマシンを落ち着かせようと多くの作業を行なってきた。特に燃料の少ない状態でだ」

「我々のマシンでこの会場に来るのは2回目というのも事実だ。彼も何を期待されているのかは分かっていると思うし、我々も彼のために多少マシンを改善することができたと思う」

「そうしたものを目にできてよかった。彼はポテンシャルがあるし、素晴らしいレースをしていることは分かっているから、フロントロウに近い場所からスタートして、良いパフォーマンスを示してくれることを願っている」

 

Read Also:

フェルスタッペン、予選”エネルギー切れ”の悪影響を否定。決勝は天候悪化にも期待

前の記事

フェルスタッペン、予選”エネルギー切れ”の悪影響を否定。決勝は天候悪化にも期待

次の記事

「トウよりも“クリーンエアー”が欲しかった」ハミルトン、完璧なラップに満足げ

「トウよりも“クリーンエアー”が欲しかった」ハミルトン、完璧なラップに満足げ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ベルギーGP
ドライバー アレクサンダー アルボン
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Luke Smith