アルファロメオF1、開発ドライバーにF2参戦のファン・マヌエル・コレア起用

シェア
コメント
アルファロメオF1、開発ドライバーにF2参戦のファン・マヌエル・コレア起用
執筆:
2019/03/23 7:27

F2レーサーのファン・マヌエル・コレアが、アルファロメオF1チームと2019年の開発ドライバー契約を結んだことが明らかとなった。

 アルファロメオF1チームは、19歳のファン・マヌエル・コレアと2019年の開発ドライバー契約を締結した。

 昨シーズン、GP3に参戦していたコレアは、今季はザウバー・ジュニアチームからFIA-F2へ昇格する。今回の開発ドライバー契約の発表で、ザウバーからアルファロメオへと名前を変えたF1チームとの関係をさらに深めることになった。

 コレアはアルファロメオの開発ドライバーとなる契約を“光栄”だ、とコメントした。

「こうした幸運を得られること、モータースポーツ……特にF1の中でも象徴的なチームとブランドの一員となることは、どのドライバーにとっても光栄なものだ」

 コレアはそう話した。

「僕は与えられたこの機会を活かすために最善を尽くす。迎え入れてくれたチーム代表のフレデリック・バスールとアルファロメオに感謝したい。これから起こることに興奮している」

 また、アルファロメオのチーム代表バスールは次のように語っている。

「こうして、ファン・マヌエル・コレアのアルファロメオ加入を発表できて、とても嬉しく思う」

「コレアは我々のチームと共に、開発ドライバーとして新たなチャレンジに挑戦するだろう。そして我々は彼の進歩をサポートし、彼の能力が成長することを楽しみにしている」

次の記事
FIA、バーレーンGPからスタートシグナルを追加? リヤウイング大型化が影響

前の記事

FIA、バーレーンGPからスタートシグナルを追加? リヤウイング大型化が影響

次の記事

F1はMotoGPを見習うべき? ドルナCEO、プライベートチーム支援に自負

F1はMotoGPを見習うべき? ドルナCEO、プライベートチーム支援に自負
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2
ドライバー ファン-マヌエル コレア
チーム Alfa Romeo
執筆者 Jack Benyon
まずは最新ニュースを読む