F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

アルファロメオ、今季序盤にC41をアップデートへ。新規則マシンの開発に集中するのはいつ?

アルファロメオは2022年マシンの開発へとシフトする前に、2021年シーズンの序盤戦でC41のアップデートを行なうようだ。

アルファロメオ、今季序盤にC41をアップデートへ。新規則マシンの開発に集中するのはいつ?

 先日、2021年シーズンのF1を戦う『C41』を発表したアルファロメオ。2月26日にはカタルニア・サーキットで早速シェイクダウンが行なわれる予定だ。

Read Also:

 今季のF1マシンに関しては、コロナ禍におけるコストカットという側面もあり、各チームが2020年のコンポーネントを多くの引き継いだ、いわば“改良型”のようなマシンとなっている。しかし2022年シーズンには技術レギュレーションが大幅に変更されることとなっており、各チームは今年の1月1日から新規則下の2022年マシンを開発することが許されている。

 そのため各チームは、どのタイミングで2022年マシンの開発に焦点を移すべきか見極めようとしている。中でもハースは、できる限り早いタイミングで2021年マシンの開発をストップし、新世代マシンに対応する方針であることをほのめかしている。

 アルファロメオのテクニカルディレクターであるヤン・モンショーはC41の発表会の中で、2022年にレギュレーションの大変革が起こるにも関わらず、2021年シーズンの序盤にもいくつかのアップデートを計画していると述べた。

「2022年は技術面においてF1の新たな時代となるだろう」とモンショーは語った。

「比較的小規模なチームである我々にとっては、前のチームに追い付く絶好の機会だ。だから我々にとって重要な1年となるだろう」

「そんな中、2021年には初めて予算制限が導入され、限られたリソースでしか開発できないという現実に直面した。現行マシンにどのくらいのリソースを費やすか、翌年のマシンにどのくらいのリソースを費やすかはトレードオフの関係なんだ」

「どのチームも最終的には、次の年のマシンに最大限リソースを投じるために、早めに2021年マシンの開発を止めるだろう」

「しかしそれは我々が(2021年)マシンの開発をしないということではない。最初のレースで進化を遂げることを計画しているし、このマシンに関してはまだ風洞で少しだけ作業をしている」

 モンショー曰く、アルファロメオはシーズン序盤のパフォーマンスを評価した上で、2021年マシンの開発をどこまで続けていくのかを決めるという。

「シーズンがどのように展開していくのか、予想以上の作業を余儀なくされるのか、それとも早く(2022年マシンに)手をつけられるのかを見ていくことになるだろう」

「しかし、ほとんどのチームが2022年を見据えているだろうから、今までと異なるシーズンになることは間違いない。予算制限もあるから、単純に2台のマシンを並行して開発できないということもある」

 2021年マシンの開発に関しては基本的に凍結されているものの、各チームにふたつずつ割り当てられたトークンを使って部分的な開発が可能となっている。アルファロメオはそのトークンをノーズの変更に使用。それと同時にフロントサスペンションも変更するなど、フロントセクションを大きく変更したようだ。

 

Read Also:

シェア
コメント
ルイス・ハミルトン、ローレウス世界スポーツ賞の最優秀男子選手部門にノミネート

前の記事

ルイス・ハミルトン、ローレウス世界スポーツ賞の最優秀男子選手部門にノミネート

次の記事

レッドブルRB16Bには”良いポテンシャル”あり? 初走行フェルスタッペン&ペレス好感触

レッドブルRB16Bには”良いポテンシャル”あり? 初走行フェルスタッペン&ペレス好感触
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Luke Smith