F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
24 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
38 days

アルファロメオに元フェラーリの空力エンジニアが加入

シェア
コメント
アルファロメオに元フェラーリの空力エンジニアが加入
執筆:
2019/07/31 22:44

長年フェラーリで仕事をしてきたアレッサンドロ・チネッリが、アルファロメオに加入し、空力部門のトップを務めることになった。

 17年間フェラーリで仕事をしてきたアレッサンドロ・チネッリがアルファロメオ・レーシングに加入し、空力部門のトップを務めることになった。

 2018年半ばからテクニカルディレクターを務めてきたシモーネ・レスタがフェラーリに移籍することとなったため、ヤン・モンショーがテクニカルディレクターを務めるアルファロメオ・レーシング。しかしここにフェラーリから助っ人が加わることになった。

 新加入するチネッリは、フェラーリで17年間過ごした後、短いガーデニング休暇を取っていたが、8月19日からアルファロメオでの仕事をスタートさせるようだ。

 チネッリはロンドンのインペリアルカレッジを卒業後、1997年にティレルに加入。その後ウイリアムズに移って4年間働いた後、2002年の3月にフェラーリ入り。ロス・ブラウンやロリー・バーンのしたで働いた。

 フェラーリ入り当初は、テストチームの空力担当エンジニアを務めていたチネッリ。その後レースチームに昇格し、2009年の7月には空力パフォーマンスグループのトップに就任。さらに2015年の9月、空力実験グループのトップに任命された。

 アルファロメオが発表したプレスリリースでチネッリは、次のように語った。

「私はこの若いチームに、すでに築かれた強固な基盤の上にさらに築き上げていくという使命と共に加入し、コース上で結果を出すのを手助けするつもりだ」

「チームが正しい方向に進んでいくことに自信を持っている。そして、チームにさらなる成功をもたらす」

 チーム代表のフレデリック・バスールも、次のようにコメントを寄せた。

「(アレッサンドロは)強力な空力チームに加わった。そして我々は、彼らがこれまで行ってきた素晴らしい仕事を続けていくことを切望している」

「最近の人事は、我々がどのように構造を強化し、進化していくのかを表している。革命ではないが、そのシステムは近年の進歩を助けてくれたのだ」

次の記事
白熱のレース連続に、F1上層部も満足「批判への最高の”答え”になる」

前の記事

白熱のレース連続に、F1上層部も満足「批判への最高の”答え”になる」

次の記事

トラブルでリタイアのノリス、PU交換は回避。補機類をハンガリーでアップデート

トラブルでリタイアのノリス、PU交換は回避。補機類をハンガリーでアップデート
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Alfa Romeo
執筆者 Adam Cooper