アルファロメオF1、2トークンを使いC41のノーズを変更「最も効果的な部分に集中」

アルファロメオF1は、2月22日にポーランドのワルシャワで2021年用ニューマシンC41を発表した。テクニカルディレクターのヤン・モンショーは、ノーズの変更に開発トークン2を使ったと明かした。

アルファロメオF1、2トークンを使いC41のノーズを変更「最も効果的な部分に集中」

 ポーランド・ワルシャワで行なわれた発表会で公開された、2021年用のアルファロメオF1マシン”C41”。新型コロナウイルスの影響により今季は開発が制限されているが、アルファロメオは割り振られたトークンを使い、ノーズに変更を加えたという。

Read Also:

 発表会に出席したアルファロメオF1のテクニカルディレクターであるヤン・モンショーは、2トークンを使ったノーズも含め、マシンのフロント部分で多くの変更を行なったと説明した。

「2トークンを新しいノーズに使うことを決めたので、ノーズコーンとクラッシュボックスは完全に新しいモノだ。この変更は、主に空力面の理由で行なわれた」

 モンショーはそう語った。

「それから我々は、フロントサスペンション、フロントウイング、フロントのブレーキドラムの改良も行なった。その部分には多くのスタッフが大変な労力を費やし、バージボードやディフレクターにも変更が加えられた」

「またレギュレーションの変更により、フロアやディフューザー、リヤタイヤ内側のあまり見えない部分にも多くの努力を費やした。フロア、ディフューザー、リヤのブレーキドラムでは、多くのパフォーマンスを失ってしまったんだ」

「我々は失われたダウンフォースを取り戻すために、全力を尽くす。その一方で、私が言及しなかった部分のほとんどは、非常に単純な形で、昨年モデルから引き継がれることになった」

「シャシーは去年のままだし、ギヤボックスも同じだ。レギュレーションにより、リヤサスペンションもほとんど同じだと言える」

「投資額を抑えるために、ラジエータやボディワークの一部など、追加のコンポーネントも昨年型を引き継いている。我々が持っているリソースを使い、最も効果的だと期待できる部分に集中することにしたのだ」

「我々が行なった選択が正しかったかどうかは、今後数週間のうちに分かるだろう」

Read Also:

シェア
コメント
アルファロメオF1、新車『C41』を発表。ライコネン&ジョビナッツィのコンビは3年目に

前の記事

アルファロメオF1、新車『C41』を発表。ライコネン&ジョビナッツィのコンビは3年目に

次の記事

アルファロメオF1代表、フェラーリPUの”挽回”に期待「問題の大部分を解決しているはず」

アルファロメオF1代表、フェラーリPUの”挽回”に期待「問題の大部分を解決しているはず」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Alfa Romeo
執筆者 Luke Smith