新生アルファロメオ、フィオラノでシェイクダウン! ライコネンがドライブ

シェア
コメント
新生アルファロメオ、フィオラノでシェイクダウン! ライコネンがドライブ
執筆:
2019/02/14 12:34

アルファロメオF1チームが、フィオラノ・サーキットでニューマシンのシェイクダウンを行なった。

 ザウバーから名称変更、今季から新たにスタートを切る”アルファロメオ・レーシング”が、イタリアのフィオラノ・サーキットでシェイクダウンを行なった。

 マシンには、フェラーリから移籍したキミ・ライコネンが搭乗。まだ名称は明らかにされていないが、黒と赤のカモフラージュカラーに塗られたマシンを走らせた。なおこのカモフラージュカラーには、バレンタインデーでの走行ということもあってか、ハート模様も取り入れられている。

 新生アルファロメオ・レーシングは、2月18日月曜日、バルセロナ合同テスト初日の走行スタート前に、カタルニア・サーキットで新車発表を行う予定だ。

次の記事
【ギャラリー】マクラーレン、2019年用マシン『MCL34』

前の記事

【ギャラリー】マクラーレン、2019年用マシン『MCL34』

次の記事

マクラーレン、新車MCL34を発表。復活への足がかりとなるか?

マクラーレン、新車MCL34を発表。復活への足がかりとなるか?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム Alfa Romeo
執筆者 Scott Mitchell
Be first to get
breaking news