F1 スペインGP

アストンマーティンの大苦戦はしばらく続く? アロンソ「今は多くを語らず、改善を続けるのみ」

アストンマーティンのフェルナンド・アロンソはF1スペインGPで苦戦した後、今はただ多くを語らず、成果を出すべくハードワークするべきだと語った。

Fernando Alonso, Aston Martin AMR24

Fernando Alonso, Aston Martin AMR24

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

 アストンマーティンのフェルナンド・アロンソは、母国戦のF1スペインGPを12位で終えた後、チームのパフォーマンスを率直に評価。多くを語らず、より多くの成果を出すだけだと話した。

 アロンソは予選で11番手となったが、これでも予想以上の結果だと吐露。決勝レースはその見方通りの厳しい展開となりノーポイントでレースを終えた。過去4戦でポイント獲得は1戦のみと、アロンソは苦しい流れが続いている。

 レース後、アロンソは「(チームは)ポイント獲得に値しなかった」と振り返った。

「ポイントを獲得できなかったので、少しがっかりしている」

「ウイークを通じてペースが上がらなかったから、僕たちはポイント獲得に値しなかった」

「レースは非常に難しかった。コーナーでスライドしすぎると、タイヤも消耗してしまう。ふたつの問題を抱えていたんだ」

「ペースがない上にデグラデーション(タイヤの性能劣化)もひどい。全体として僕たちにとってはとても長いレースだった。僕たちは改善する必要がある」

 アロンソは今季のマシンAMR24のダウンフォース不足を指摘。次戦オーストリアGPやその次のイギリスGPではさらなる苦戦が待っていると覚悟しているという。

 そんな中でも不満を口にするのはやめ、粛々と改善を進める必要があるとアロンソは付け加えた。

「悔しいけど、今できることは何もないから、チェッカーフラッグが振られたらすぐにオーストリアで何ができるか考えるんだ」

「でもロングコーナーがあるバルセロナと同じような特徴も持っているから、苦しいレースになると思う。シルバーストンも、おそらくまた厳しい週末になるだろう」

「あまりイライラしてはいけない。よりハードに働き、多くを語らず、多くの成果を出す時だ。それが僕たちのやりたいことだ」

 アロンソ曰く、アストンマーティンが抱える根本的な問題は、アップデートするたびに漸進的な進歩を遂げられないことであり、それを変える必要があるという。

「(アップデートを)楽しみにしているが、これまでマシンをアップデートしても、結果が出なかったことが何度もあった」

「だからサーキットに何を持ち込もうとも、それが僕たちの期待に応えてくれるか、どんどん良くなるかも問題なんだ」

「だからさっきも言ったように、僕たちは懸命に働いて、レースごとに改善していく必要がある。でも、あまり多くを話したり、約束したりせずにね」

 なおアロンソは、なぜチームは間違った方向に進んでしまったのか、アップデートがうまくいかないのはなぜかという質問には、「僕はドライバーであって専門家ではない」と答えていた。

 

前の記事 ザウバーF1、マクラーレン”電撃解雇”のプルシェールに別のインディカーシートを模索中。来季F1候補は「4人の勝利経験者」か?
次の記事 立ちふさがるのはフェルスタッペンとノリスの2大巨頭。メルセデスF1、2戦連続表彰台獲得も優勝争いまではまだ遠い?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本