「マクラーレンの信頼性は”後退”してしまったようだ」アロンソ落胆

シェア
コメント
「マクラーレンの信頼性は”後退”してしまったようだ」アロンソ落胆
Pablo Elizalde
執筆: Pablo Elizalde
2018/09/02 23:42

F1イタリアGPで今季6度目のリタイアを喫したマクラーレンのフェルナンド・アロンソは、チームの信頼性が後退していると発言する。

 F1イタリアGPをリタイアしたフェルナンド・アロンソは、マクラーレンの信頼性は後退していると考えている。

 マクラーレンのアロンソは、イタリアGPの決勝レース序盤、10番手を走行していた。しかし9周目に電気系統がシャットダウンしてしまい、ピットに帰還……リタイアすることとなった。

 アロンソはこれで、今季6度目のリタイアとなった。そのうち5回は信頼性の問題によるものである。

「残念なことだと思う。なぜなら今回のグランプリのように、時には入賞圏内を走っていたんだから。チームの信頼性は後退しているように思う。それについては間違いなく、今シーズンの残りに向けて改善する必要あると思う」

 そうアロンソは語った。

「電気系か何かに問題があった。ターン7とターン8でマシンが不調になった。だからそれらのコーナーでは、ノーパワーだったんだ」

「突然マシンの電源が切れ、ピットレーンに入ってきたんだ」

 アロンソは前戦ベルギーGPでも、1周目にクラッシュに巻き込まれ、リタイアしている。予想以上の戦闘力を発揮した2戦で連続リタイアとなったことは、特に厳しいことだとアロンソは語った。

「競争力がないことから、エンジン(パワーユニット)を交換してペナルティを受け、最後尾からスタートすべきかどうか分からないサーキットだった」

 そうアロンソは語った。

「しかし、僕らには予想していた以上に競争力があった。それが僕らがエンジン交換をしなかった理由だ。しかし、いずれのレースでも、早い段階でリタイアしなければならなかった」

「今後のレースでは、エンジンを交換する必要がある。この2レースの無得点だけでなく、もっと大きな影響があるんだ」

 とはいえ次のシンガポールGPでは、パワーユニット交換を行わないはずだとアロンソは考えている。なぜならシンガポールは、オーバーテイクが非常に難しいサーキットだからだ。

「シンガポールでは、最後尾からスタートすれば、最下位でフィニッシュすることになってしまう。だから僕はそれ(パワーユニット交換)を望んでいない。だから僕はは、できるだけそれを引き伸さなきゃいけないんだ」

次の F1 ニュース
ハース、ルノーの抗議で結果から除外! フロアに違反発覚

前の記事

ハース、ルノーの抗議で結果から除外! フロアに違反発覚

次の記事

「インを選んだベッテルに驚いた」ハミルトン、スペースを残したと主張

「インを選んだベッテルに驚いた」ハミルトン、スペースを残したと主張
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Pablo Elizalde
記事タイプ 速報ニュース