F1復帰のアロンソ、苦戦報道に“メディアは大げさ”と苦言。「1年が終わってから話そう」

F1へ復帰したフェルナンド・アロンソは、2021年シーズン初期の戦いで苦戦していることがあまりにも大きく取り上げられていると感じているようだ。

F1復帰のアロンソ、苦戦報道に“メディアは大げさ”と苦言。「1年が終わってから話そう」

 2018年以来のF1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソ。アルピーヌと名を変えているものの、2度のF1タイトルを勝ち取った古巣(アルピーヌは元ルノー。アロンソはルノー在籍時の2005年と2006年にタイトルを獲得している)からの復帰には大きな注目が集まった。

 ただアロンソはシーズンが始まると苦戦が続き、第2戦エミリア・ロマーニャGP後には「良いパフォーマンスではなかった」と語ると、アロンソを含めた今季移籍したドライバーたちの序盤戦のパフォーマンスで苦戦していることについて多くの注目が集まることになった。

 今季はテスト日程の削減やクルマのレギュレーション変更などにより、チーム移籍組にとってはより困難な年となっている。

「僕は今も同じように……自分にはこれまでよりも良いドライビングができる能力があると感じている」

 第4戦スペインGPを前に、少数のメディアの取材に答えたアロンソは、自身の能力に関する自負と現在の状況についてそう答えた。

「でもそうだからとして、新しい冒険……つまり復帰に向けて何の困難も無い、ということを意味するわけじゃない」

「そしてイモラでは全く快適ではないレースウィークを過ごした」

「F1の世界では多くのメディア、多くのニュースがあるからね。それにレースのインターバルが2週間空いていたこともある。もしイモラとポルティマオが連戦だったなら、もっとこの事は小さく扱われていただろうね!」

「それからイモラでは僕だけじゃなく、他のドライバーも自信を持てずにいたみたいだ。その何人かは、僕と同じでチームを移籍している。話題を集めたのは偶然の一致だ」

「つまるところ僕はこの事についてあまり考えすぎていないし、心配しすぎたりもしていないんだ」

 2年ぶりのF1復帰という挑戦や、チャンピオンシップの歴史の中で再び勝利し成功を収めたチャンピオンとの比較で苦戦しているのではないかと訊かれたアロンソだったが、彼はそうした指摘は受け入れられないものと答えた。

「僕としてはそういった話には同意できない」

「イモラでは100%ではなく、快適に感じられていなかったし、恐らくパフォーマンスは低いと初めから分かっていた」

「でもそれは1レースの話であって、その苦戦したレースでも僕はチームメイトから僅かな差でフィニッシュしているんだ」

「だから分かるだろうけど、そんな大事じゃない。こういうのは1年の終わりに話そう」

「1年間を終えて、もし僕が全体として低パフォーマンスで、予想以上に苦戦していたなら、それでも良い。ただなぜ予想よりも苦戦したのかという疑問を詳しく話し合う必要があるだろうね」

「でもバーレーンでは満足していたし、恐らくは期待よりも良かった。イモラでは少し下降していたんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
DAZN F1スペインGP配信スケジュール:トータルバランスが求められるコースを制するのは? 岩佐参戦F3も開幕
前の記事

DAZN F1スペインGP配信スケジュール:トータルバランスが求められるコースを制するのは? 岩佐参戦F3も開幕

次の記事

角田裕毅、苦戦のポルトガルGPを振り返る「僕はまだF1に慣れていないと分かった」

角田裕毅、苦戦のポルトガルGPを振り返る「僕はまだF1に慣れていないと分かった」
コメントを読み込む