F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
27 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
41 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
56 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
69 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
83 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
90 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
104 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
111 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
125 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
139 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
146 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
160 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
174 days

アロンソもPU交換。レッドブル+トロロッソ勢と共にグリッド降格決定

シェア
コメント
アロンソもPU交換。レッドブル+トロロッソ勢と共にグリッド降格決定
執筆:
2018/09/28 14:28

マクラーレンのフェルナンド・アロンソも、F1ロシアGPでパワーユニットを交換。グリッド降格ペナルティを受けることになった。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソも、パワーユニットの複数のコンポーネントを交換したことにより、ロシアGPでグリッド降格ペナルティを受けることになった。

 レッドブルの2台は、今後のレースに向けて”スペックB”のパワーユニットを使えるようにするため、今回パワーユニットの交換を決断。さらにトロロッソ勢はホンダのアップデート版パワーユニットを投入することを決めた。そのため、この4台はグリッド最後方からロシアGP決勝をスタートすることが決まっていた。

 そしてこのグリッド降格組に、アロンソも加わることが明らかになった。アロンソは、パワーユニットの全コンポーネントを交換することを決断。やはりグリッドペナルティを受けることになる。

 グリッドの順は、新しいパワーユニットを使い始めた順に決定されるため、FP1開始15分前からピットレーンにはグリッド降格が決まった各車が並ぶこととなった。

 結局、アロンソのマシンをFP1のみドライブしたランド・ノリスが先頭に並んだため、16番グリッドからのスタートとなる予定だ。以降ダニエル・リカルド(レッドブル)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ピエール・ガスリー(トロロッソ)、ブレンドン・ハートレー(トロロッソ)の順で17番から20番グリッドに並ぶことになる。

次の記事
【動画】F1ロシアGPフリー走行1回目ハイライト

前の記事

【動画】F1ロシアGPフリー走行1回目ハイライト

次の記事

ロシアGP:FP2はメルセデス1-2。ガスリー8番手に躍進!

ロシアGP:FP2はメルセデス1-2。ガスリー8番手に躍進!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ロケーション ソチ・アウトドローモ
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
執筆者 Adam Cooper