アロンソ、早すぎるF1復帰!? マクラーレンのV8マシンをドライブ

シェア
コメント
アロンソ、早すぎるF1復帰!? マクラーレンのV8マシンをドライブ
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/11/26 9:51

今季限りF1から離れるアロンソは、最終戦アブダビGP終了からわずか17時間後、バーレーンでF1マシンのコクピットに戻った。

 今季限りでひとまずF1参戦を停止する予定のフェルナンド・アロンソは、アブダビGPでF1と感動的な別れを体験したが、わずか17時間後にバーレーンでF1マシンのコックピットに戻った。

 来季はF1に参戦せず、世界耐久選手権やインディ500に参戦する予定のアロンソ。今季のF1最終戦アブダビGPでは、フィニッシュ後にルイス・ハミルトン(メルセデス)やセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)と、メインストレートでドーナツターンをしたほか、レジェンドを見送るべく様々な催しが行われた。

 その翌日、アロンソはマクラーレンとのプロモーション活動の一環としてバーレーンを訪れた。NASCARのレジェンドドライバー、ジミー・ジョンソンとマシンを交換するというスペシャルイベントが、バーレーンで行われる予定だったからだ。

 アロンソはジョンソンのシボレーをドライブし、ジョンソンはメルセデス製V8エンジン搭載のマクラーレンF1マシン、MP4-28(2013年)をドライブすることになっていた。

 予定としてはアロンソがMP4-28に乗る予定はなかったものの、直前になってアロンソがこのマシンに乗りたいと、リクエストしたようだ。

 アロンソはジョンソンのためにマシンの基本セットアップを決めるべく、何周か走行したという。

次の記事
ヒュルケンベルグの大クラッシュに、ハロの悪影響なし。FIAが自信

前の記事

ヒュルケンベルグの大クラッシュに、ハロの悪影響なし。FIAが自信

次の記事

チームクニミツ王者を祝うイベントが青山で開催。アブダビ帰りの山本尚貴も登場

チームクニミツ王者を祝うイベントが青山で開催。アブダビ帰りの山本尚貴も登場
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble