ハロがあって良かったけど……アロンソ、ヒュルケンベルグのミスを非難

シェア
コメント
ハロがあって良かったけど……アロンソ、ヒュルケンベルグのミスを非難
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/08/26 15:47

1周目のターン1ラ・ソースで追突されたフェルナンド・アロンソは、ニコ・ヒュルケンベルグのミスを非難している。

 ベルギーGPの1周目、ターン1でニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)に追突されたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は、「彼がどんなブレーキをかけたのか分からない」とヒュルケンベルグを非難している。

 アロンソはスタート直後のラ・ソースでヒュルケンベルグに追突され、ザウバーのシャルル・ルクレールのマシンの上を乗り越えるような形でクラッシュした。

 この事故の原因となったヒュルケンベルグの動きについて、アロンソは痛烈に非難している。

「また、大きなブレーキングのミスが起きた」

 アロンソはBBCにそう語った。

「以前(2012年)の時には、ロマン(グロージャン/現ハース。当時ロータス)は、レース出場停止の処分を受けた。今回はどうなるか、僕らは見ることになるだろう」

「どうやったらあんな風にブレーキングをミスできるのか、理解し難い。コーナーをクリアするのは不可能なスピードで、そこにやってきたんだ」

 ルクレールのマシンのハロには、大きな傷跡がついており、今季から導入されたこのコクピット保護デバイスがなかったなら、より深刻な結果になった可能性すらある。アロンソはこのハロの効果について賞賛した。

「ポジティブだったのは、シャルルも含めて僕ら全員が無傷だったということだ」

「僕は彼のマシンを飛び越えた。ハロがあったのは、とても良いことだった」

「リプレイを見たけど、ハロは彼を助けたと思う。確かに、ハロがあって良かった。でもそれがあって良かったということを、あんな形で証明する必要などないんだ」

 この事故を調査するため、アロンソとヒュルケンベルグは、レース後にスチュワードからの呼び出しを受けている。

次の F1 ニュース
ベルギーGP決勝速報:ベッテル反撃の狼煙! スパで完勝

前の記事

ベルギーGP決勝速報:ベッテル反撃の狼煙! スパで完勝

次の記事

多重事故引き起こしたヒュルケンベルグ、次戦モンツァで10グリッド降格

多重事故引き起こしたヒュルケンベルグ、次戦モンツァで10グリッド降格
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中 , ニコ ヒュルケンベルグ 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース