F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
1 days
28 8月
次のセッションまで……
15 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
22 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
29 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
43 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
57 days
23 10月
次のセッションまで……
71 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
79 days

アロンソ、マクラーレンとの関係を解消。インディ500はアンドレッティから参戦?

シェア
コメント
アロンソ、マクラーレンとの関係を解消。インディ500はアンドレッティから参戦?
執筆:
2020/01/21 2:00

フェルナンド・アロンソはマクラーレンとの関係を正式に終了し、同チームのアンバサダーとしての役目を終えたようだ。

 2005年と2006年にF1ワールドチャンピオンに輝いたフェルナンド・アロンソは、2007年、そして2015年から2018年の計5年間、マクラーレンからF1に参戦した。そしてF1を離れた後も、アロンソはアンバサダーとしてマクラーレンとの関係を継続した。

 アロンソはアンバサダーとして、チームのドライバーやエンジニアに助言をしたり、ピレリのタイヤテストで実際にF1マシンを走らせるなどした。

 その中でアロンソは、インディ500にもマクラーレンとタッグを組んで参戦したが、2019年は予選落ちの憂き目にあうなど成功を収めることはできなかった。

 マクラーレンは、アロンソと2019年末まで契約を結んでいたようだが、2020年はその契約を更新していないことを認めた。

 マクラーレンの広報担当は、motorsport.comに対して次のようにコメントした。

「フェルナンドは世界トップクラスの選手だ。彼の将来の幸運を祈る。我々の契約は終わりを迎えたが、彼はいつまでもマクラーレンファミリーの一員だ」

 アロンソは近年様々なモータースポーツに挑戦しており、先日はダカール・ラリーをクラス総合13位で完走したばかりだが、彼の焦点はあくまでインディ500だ。マクラーレンとの関係を解消したことを踏まえると、アロンソの現実的な選択肢はアンドレッティ・オートスポーツからインディ500に参戦することだ。

 一方で、アロンソは2021年以降にF1に復帰することも選択肢に入れていると明らかにしている。彼は以前、次のように語っていた。

「僕がF1を離れた要因は、今でも存在している。ひとつのチームがレースを支配していているということだ」

「でも2021年には、これらが変わる可能性があるし、良い機会になると思う」

Read Also:

F1商業部門を率いたブラッチズ、正式に退任へ。今後はアドバイザーに

前の記事

F1商業部門を率いたブラッチズ、正式に退任へ。今後はアドバイザーに

次の記事

F1パワーユニットの重要性……モータースポーツは先駆者であるべき?

F1パワーユニットの重要性……モータースポーツは先駆者であるべき?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , IndyCar
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble