フェルナンド・アロンソ、来季F1に参戦しないことを電撃発表

シェア
コメント
フェルナンド・アロンソ、来季F1に参戦しないことを電撃発表
執筆: 吉田知弘
2018/08/14 18:17

マクラーレンのフェルナンド・アロンソは14日、今シーズンいっぱいでF1を引退することを明らかにした。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、2019シーズンはF1に参戦しないことを明らかにした。

 今年で37歳を迎えたアロンソ。F1では17年目のシーズンに突入していたが、ハンガリーGP終了後に来季以降について8月14日にアナウンスすると公表。注目のその日を迎え、アロンソは自身のTwitterなどSNSに母国スペイン語と英語の2バージョンで動画を投稿。自身のレースキャリアやF1での思い出を振り返った。同時にマクラーレンがリリースを発表し、アロンソが来季F1に参戦しないことを明らかにした。

 2001年にF1デビューを果たしたアロンソは、ルノーに移籍した2003年のハンガリーGPで初優勝を飾り、当時の最年少優勝記録を更新した。

 2005年には開幕戦から連戦連勝を重ね、念願のワールドチャンピオンを獲得。翌年の2006年もミハエル・シューマッハ(フェラーリ)との最終戦までもつれたチャンピオン争いを制し、2年連続王者に輝いた。

 その後、マクラーレンに1年間のみ移籍すると、再びルノーに復帰。2010年からはフェラーリに移籍するなど複数チームを渡り歩いた。2015年からホンダのパワーユニットを搭載したマクラーレンに移籍。様々なアクシデントやトラブルにも見舞われたが、3シーズンで5位入賞を3度獲得した。

 また最近ではF1以外のカテゴリーにも挑戦。昨年にはインディ500にスポット参戦した。決勝では残念ながらレース終盤にリタイアとなったが、途中トップ争いに加わるなど存在感ある走りを披露した。

 今年はF1と並行してWEC(世界耐久選手権)にもTOYOTA GAZOO Racingからフル参戦。6月に行われたル・マン24時間レースでは中嶋一貴、セバスチャン・ブエミと組んで総合優勝を飾った。

 一方、F1ではルノーのパワーユニットに変更したマクラーレンから引き続き参戦したが、表彰台争いに絡めるレースがほとんどなく苦戦。来季以降の去就についても注目された。

 アロンソはマクラーレンのリリースを通してコメントを発表し、「17年間にわたって、このような素晴らしいスポーツに携われたことを光栄に思う。今シーズンはまだ数戦残っているが、いつもと変わらない情熱でミッションを果たしたいと思っている。マクラーレンには心から感謝を意を伝えたい。そして、これまで僕が所属した全てのチーム、チームメイト、またライバルやスポンサーパートナーなどにも感謝したい。そして世界中の僕のファンにも『ありがとう』と伝えたい」と語った。

次の F1 ニュース
ハミルトン、重量制限ルールの変更に興奮「違うアスリートになれる」

前の記事

ハミルトン、重量制限ルールの変更に興奮「違うアスリートになれる」

次の記事

来季F1に参戦しないことを発表したアロンソ、将来F1復帰の可能性も示唆?

来季F1に参戦しないことを発表したアロンソ、将来F1復帰の可能性も示唆?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース