アロンソ、アップデートに期待「少し速くなれば、大きく前進できる」

シェア
コメント
アロンソ、アップデートに期待「少し速くなれば、大きく前進できる」
執筆: 田中健一
2018/07/01 11:10

マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、今後アップデートが投入されれば、大きく前進できるはずだと考えている。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、将来もたらされる予定のアップグレードにより、大きなステップを踏み出すことができると考えているようだ。

 マクラーレンの苦戦が続いている。前戦フランスGPで2台揃って予選Q1敗退となったマクラーレン。今回のオーストリアGPでも、アロンソはQ2進出をなんとか果たしたものの、ストフェル・バンドーンはまたもQ1敗退となった。

 しかしアロンソは、今後投入される予定のアップデートにより、前進できると考えている。

「アップグレードがもたらされ、それが将来のレースでどんな成果を挙げるのかを待ってみる必要があると思う」

 そうアロンソは語った。

「金曜日に行ったチェック走行は、全てが新しいパーツだったわけではない。古いパーツもあった。そして、僕らの過去の結果のいくつかを再確認する必要があった。かなり生産的な1日だったし、うまくいけば将来に向けてより多くのアップグレードと良いパフォーマンスを得ることができると思う」

「ここまで全てのグランプリで、0.1秒で5〜6ポジションが変わってしまうのを見てきた。中団争いは非常に接近戦だ。もし僕らが今後数レースの間でアップグレードを投入することができれば、大きなステップを踏み出すことができると思う。それが狙いだ」

 13番グリッドからスタートするオーストリアGP決勝の意気込みについて、アロンソは次のように語った。

「僕らはカナダGPで10番手を走っていて、モナコでは7番手を走行していた。ポール・リカールでも11番手と12番手を走っていたと思う。だから、13番グリッドからスタートする決勝レースは、ポイント獲得を目指しているのは間違いない。それを手にできるチャンスは高いと思う」

 ただ予選13位という結果は、現時点で期待できるベストな結果だったとアロンソは語る。

「それができ得る最高の結果だった。最後のラップでは、途中の段階で僕はその前よりも0.2秒遅かった。だから、最後ふたつのコーナーを全開で走ることを試した。それで0.2秒を挽回素たんだけど、限界がそこにあった」

「これが今日の限界だった。でも、レースは明日だ。タイヤを自由に選択できる、13番手からスタートする。全ての可能性があるよ」

Additional reporting by Edd Straw

次の F1 ニュース
ハートレー、”戦略的な理由”でPU交換。決勝は最後尾からのスタートへ

前の記事

ハートレー、”戦略的な理由”でPU交換。決勝は最後尾からのスタートへ

次の記事

リカルド「戦略に不安があったことを予選前に話し合うべきだった」

リカルド「戦略に不安があったことを予選前に話し合うべきだった」

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
サブイベント Saturday qualifying
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン
執筆者 田中健一
記事タイプ 速報ニュース