”今のF1には音がなくなった”と認めるアロンソ「でも、ポジティブな面を見ていく」

シェア
コメント
”今のF1には音がなくなった”と認めるアロンソ「でも、ポジティブな面を見ていく」
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
協力: Jonathan Noble
2018/12/02 22:54

今季限りでF1を離れたフェルナンド・アロンソは、今のF1には音が欠如していると認めつつも、「ポジティブな面」もあり、今後外からF1を楽しむことができるはずと語る。

 フェルナンド・アロンソは、バーレーンで2013年のマクラーレンF1をドライブしたことを”特別な経験だった”と語り、今のF1には音が欠如していることを改めて認識したと語る。

 アロンソは、F1での最後のレースであるアブダビGPを終えた翌日、舞台をバーレーンに移して、NASCARドライバーのジミー・ジョンソンとマシンを交換するイベントに参加した。

 このイベントでアロンソは、2013年のマクラーレンMP4-28をドライブした。このマシンにはメルセデスのV8自然吸気エンジンが搭載されており、アロンソは現行のV6ターボ+ハイブリッドのいわゆる”パワーユニット”と比較することができた。

「そのマシンに乗るのは、予定になかったことだ。正直に言ってね」

 そうアロンソは語った。

「僕は他のクルマを走らせるだけの予定だった。でも、マシンがOKだということを確認するために、インスタレーションラップだけ走った。それは理に適ったことだった」

「昨日F1から引退した後、朝11時にはまたコクピットに座っていたんだ」

「マシンに乗っている時は、今のマシンと比較しても、音はそれほど変わらない。でも、外から見ていると、それはとても、とても特別なモノだった」

「つまり、今は音の面で、活力を大きく失っている」

 現行のパワーユニットレギュレーションが施行されて以降、F1マシンのサウンドが静かになったことについて、批判的なコメントが多く寄せられた。これに対処するため、F1は排気管にマイクを取り付けるなどして音を増幅することを検討してきた。

 アロンソは、音が静かになったことによりF1から何かが欠けたことを認めつつも、外からF1を”楽しむ”と主張した。

「F1から失われてしまうこと、そしてF1から失われることがないことがある。でも僕は、ポジティブな部分を見ようと思う」

「良い思い出になるだろう。F1での全てが、素晴らしい旅だった」

「若い頃から今に至るまで、いかなる状況でも、そしてどんなクルマでも、僕は常に戦ってきた。そして、考えもしなかったような成功を達成してきたと思う」

「僕は観光客として、あるいは解説者として、いつの日にかF1に戻ってくるだろう。そして、F1を違う形で楽しむことができるはずだ」

次の記事
ボッタス「ハミルトンに勝てないと思ったことはない」と来季の巻き返しを誓う

前の記事

ボッタス「ハミルトンに勝てないと思ったことはない」と来季の巻き返しを誓う

次の記事

ハミルトン、スーパーバイクのテストに参加。クラッシュも負傷なし

ハミルトン、スーパーバイクのテストに参加。クラッシュも負傷なし
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Scott Mitchell