アロンソ、アブダビテストでは首位もルノーF1「彼はまだ他のドライバーより不利」

ルノーF1のディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、2021年にF1復帰するフェルナンド・アロンソは不利な状況で開幕戦を迎えると考えている。

アロンソ、アブダビテストでは首位もルノーF1「彼はまだ他のドライバーより不利」

 2度のF1王者であるフェルナンド・アロンソは、2021年のF1復帰に向けてルノーと共に準備を進めてきた。

 アブダビで行なわれたいわゆる若手ドライバーテストの、アロンソの参加がFIAによって承認されたのは物議を醸したが、これにより彼は来季も使用されるルノーのシャシーを試すことができた。このテストで105周を走行したアロンソは、トップタイムをマークしている。

Read Also:

 テストにアロンソが参加したことが、2021年シーズンに向けて有利に働くかと訊かれたルノーのエグゼクティブ・ディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、他のドライバーと比べてアロンソが不利な状況にあることは変わりないと語った。

「彼がどれだけ不利を減らせたのか、ということだと思う。彼は2年間も(F1を)ドライブしていないからね」

「カルロス(サインツJr.)やダニエル(リカルド)など、チームを移籍するドライバーは新たなチームに慣れるのが難しいことだとは理解している。学ぶべきことはたくさんあるし、エンジニアや働き方も違う」

「しかしフェルナンドの場合、2年間全く走っていなかったんだ。だからこそ、我々は彼に走行時間を与えようとしているし、2018年のマシンでも走行する時間を与えようとしてきたんだ。彼がリズムを取り戻し、首など身体的なコンディションを整えるためにね」

 2021年のオフシーズンテストは、計6日間から3日間に短縮されるため、新しいマシンに慣れるために走行出来る時間は少なくなっている。

 計17年のF1キャリアがあるにも関わらず、ブコウスキーは冬のテストプログラムが短縮されることは、アロンソにとって難しい挑戦になると語った。

「ああ、フェルナンドが1日半のテストでマシンに慣れるのは難しいだろう。彼は長いことドライブしていないからなおさらだ」

Read Also:

シェア
コメント
”鉄人”ザナルディ、4度目の手術乗り越え「声かけに手を動かし反応」との報道

前の記事

”鉄人”ザナルディ、4度目の手術乗り越え「声かけに手を動かし反応」との報道

次の記事

苦難のシーズンを乗り越えたフェラーリ「たくさんの、小さな教訓を得ることができた」

苦難のシーズンを乗り越えたフェラーリ「たくさんの、小さな教訓を得ることができた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Filip Cleeren