アルファタウリF1代表、角田裕毅の拠点をイタリアに移したのは「新人ドライバーを育てるためには普通のこと」

アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、角田裕毅の活動拠点をイギリスからイタリアに移した理由を説明。さらに、今季角田が良いレースを見せることを信じていると改めて語った。

アルファタウリF1代表、角田裕毅の拠点をイタリアに移したのは「新人ドライバーを育てるためには普通のこと」

 アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表が、拠点をイギリスからイタリアに移した角田裕毅の日々のプログラムについて明かした。

 今シーズンF1デビューを果たした角田は、レッドブルのファクトリーがあるイギリスのミルトンキーンズで日々を過ごしていた。しかし、開幕戦こそ9位入賞を果たしたものの、その後は無得点のレースが続いている。

 この状況を打破するため、レッドブルとアルファタウリは話し合いの結果、角田の拠点をアルファタウリのファクトリーがあるイタリアのファエンツァに移すことを決定。角田は実際に、モナコ以降はファエンツァで過ごしている。そして日々のスケジュールを、アルファタウリのトスト代表が組み立てている。

 この角田の日々のスケジュールについて、トスト代表は次のように明かした。

「イギリスからイタリアに行くというのは、ある意味で贈り物のようだということは、みなさんご存知だろう。良い天気、素晴らしい料理、素晴らしい人たちがいるからね」

 トスト代表は、チームの母国イタリアをそう賞賛した。

「それとは別に、彼(角田)はまだ多くのことを学ぶ必要がある。(イタリアに住めば)チームやエンジニアと密に連携することができる」

「しかも彼は、冬の間からずっとイタリアに行きたいと思っていたんだ。しかし彼はイギリスに留まることが決まり、今ではイタリアに滞在することになった。イタリアに住むことを彼は楽しんでいる。我々も、彼が近くにいることを嬉しく思っている。それによって、全てのことをこれまで以上にコントロールできるからね」

 日々のスケジュールについて、トスト代表は次のように説明した。

「日課はとても単純だ。彼は9時か9時半頃から10時頃までジムでトレーニングする必要があり、10時半から11時半もしくは12時頃までエンジニアと共に過ごす。そして午後の早い時間は英語の授業を受け、その後で再びエンジニアと働き、それが終わったらまた2時間ほどトレーニングする。その後は眠るだけだ。単純だよ」

 角田がチームと共に成功を収めたら、オーストリアの有名な菓子である”マリレンクネーデル”をご馳走すると語るトスト代表だが、それまでにはまだまだやるべきことがたくさんあるとも語る。

「マリレンクネーデルを食べる前に、彼はもっと懸命に働いて、より多くの成功を手に入れなければいけない。もう少し時間が必要だろうね。おそらく、来シーズンに向けてのことになるだろう」

「彼は、我々と同じアパートに住むわけじゃない。ファクトリーで会えれば、それで十分だ。私と、個人的に仕事をすることが大事なわけじゃない。重要なのは、エンジニアやトレーナーと仕事をすることだ。彼らは今まで以上に共に働き、それはこれまで以上にうまく機能している。ユウキはそれに満足しているし、どのような結果になるかは後で見てみることにしよう」

 トスト代表曰く、角田に対するプログラムは、何も特別なモノではないという。

「ユウキとの仕事は、複雑なモノじゃない。F1にデビューしたばかりの新人と共に仕事をする、通常のやり方だ。そしてユウキは、天性のスピードを見せている。前にも言ったとおり、全てのドライバーが高いレベルを示しているカテゴリーで、新しいサーキットに挑む時には、トップ10や予選Q3に進出するのは簡単なことじゃない」

「今年のうちに、ユウキが素晴らしいレースを見せてくれると、私は確信している。そして、彼が非常に早く学習していくと確信している。問題はどれだけ一緒に仕事をするかではなく、彼がどれだけ早く進歩できるか、そしてどれだけ早く全てのことに適応できるか、それをコクピットでの仕事やドライビングにどれだけ早く移行させることができるかどうかだ。そして今のところ、彼は本当に素晴らしい仕事をしていると言わざるを得ない」

「事故のことを考えているね? 例えばイモラだ。しかし我々は、あのラップのセクター1とセクター2を、彼が素晴らしいタイムで走っていたことを思い出さなければいけない。彼はとても速かったし、速く走っている時には、クラッシュするリスクも高まる。しかし、彼はこのことからも学んでいる。彼が知っているサーキットに行けば、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれることだろう」

 

Read Also:

シェア
コメント
ホンダ田辺豊治F1テクニカルディレクター「決勝では予選より上の順位での完走を目指す」
前の記事

ホンダ田辺豊治F1テクニカルディレクター「決勝では予選より上の順位での完走を目指す」

次の記事

ボッタス「シーズン序盤から苦しむも、“負け犬”に成り下がるつもりはない」

ボッタス「シーズン序盤から苦しむも、“負け犬”に成り下がるつもりはない」
コメントを読み込む