アルピーヌ育成のピアストリ、F1デビューの”高き壁”はアロンソにあらず? ”直接比較”しないとチーム示唆

アルピーヌは、リザーブドライバーのオスカー・ピアストリが2023年のドライバー候補として、フェルナンド・アロンソと”直接比較”されることはないと示唆している。

アルピーヌ育成のピアストリ、F1デビューの”高き壁”はアロンソにあらず? ”直接比較”しないとチーム示唆

 アルピーヌは、育成ドライバーであり、FIA F2選手権のタイトル争いをリードしているオスカー・ピアストリ(プレマ)をリザーブドライバーに起用すると発表した。

 わずか1シーズンでF2を卒業し、2022年はリザーブに専念するピアストリ。F1サウジアラビアGPと併催のF2ジェッダ戦でもリードを拡大した期待の若手は、2023年のF1デビューを目指すことになる。

 とはいえ、ルノーがパワーユニットを供給しているチームがワークスのアルピーヌしかない以上、ピアストリの将来は安泰ではない。

 アルピーヌはエステバン・オコンと2024年末までの長期契約を結んでいる。残るもう1シートに座るフェルナンド・アロンソは来シーズン末で契約が終了するという状況だ。

 つまり今季F1にカムバックし、優れたパフォーマンスを見せているアロンソが2023年以降も現役続行を希望した場合、アルピーヌはアロンソを放出するという非現実的に思える選択肢以外に、ピアストリをF1デビューさせるためには、他チームのシートを見つけてくる必要がある。

Read Also:

 アルピーヌのエグゼクティブ・ディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、アロンソが2023年以降もF1に参戦する場合、ピアストリがどうなるかと訊かれた。彼は「良い質問だ」と認めつつ、2023年のシートをめぐり、アロンソとピアストリが”直接比較”されることはないと示唆した。

「どうやってその判断を下すのか? まあ、まずは来年を見てみよう」

「マシンが速くてフェルナンドが満足していれば、ある種の議論ができるだろう。もしそうでなければ、別種の議論をすることになるだろう」

「しかし、我々はオスカーという素晴らしい才能を持った選手を抱えている。もしアルピーヌにシートがなくても、彼がF1マシンに乗り、アルピーヌファミリーに留まるための解決策を見つけることができるはずだ」

 ピアストリは来季、アルピーヌの広範なテストプログラムに参加する予定であり、若手ドライバーをシーズン中に最低2度、FP1に参加させなければならないという新規則の下、セッションに参加する可能性もある。

 ブコウスキーは、ピアストリが来季もアルピーヌで重要な役割を果たし、レースチームをサポートすると同時に、自身の成長も続けてくれると確信している。

「今回のオスカーについての発表は、彼がリザーブドライバーになるということだけでなく、他にも多くのことを含んでいる」

「オスカーは、シミュレータを使った開発に深く関わっていくことになる。彼はすでにそうしたことをいくらかやっているが、我々が望むほどではない。なぜなら、彼はF2でレースをしていて、今年はまだチャンピオンシップに勝つ必要があるからだ」

「彼は多くの開発作業、シミュレーター作業を行ない、ファクトリーでエンジニアと密接に仕事をすることになるだろう。トラックでも、かなり多くの走行を行なうことになるはずだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
ノリス、赤旗中のタイヤ交換ルールに不満「不公平なルールだし、僕のレースは台無し」
前の記事

ノリス、赤旗中のタイヤ交換ルールに不満「不公平なルールだし、僕のレースは台無し」

次の記事

最終戦アブダビで”波乱”は繰り返される? メルセデス代表「最近の出来事が”学び”になれば」

最終戦アブダビで”波乱”は繰り返される? メルセデス代表「最近の出来事が”学び”になれば」
コメントを読み込む