F1 スペインGP

ルノー製エンジンがF1から消える!? アルピーヌ、新レギュレーション到来の2026年から“他社製”に乗り換え検討か

ルノーは2026年以降、自社でF1用PUを開発することを諦め、傘下のアルピーヌF1が他社製PUを使用する可能性が浮上した。

Pierre Gasly, Alpine F1 Team

Pierre Gasly, Alpine F1 Team

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

 ルノーはこれまで、自社でF1パワーユニット(PU)を開発・製造し、傘下のアルピーヌF1に供給してきたが、2026年からはそれを諦め、同チームはライバルPUメーカーからカスタマー供給を受けるという可能性があるようだ。

 フランスのヴィリー=シャティヨンのファクトリーで開発・製造されるルノー製PU。現行モデルでもライバルからパフォーマンス面で後れを取っている上、2026年からF1に導入される次世代レギュレーション下で競争力のあるPUを開発できるかどうかという点にも疑問符が付けられている。

 ルノーとアルピーヌ上層部は打開策を検討しており、既にアルピーヌのブルーノ・ファミン代表がライバルPUメーカーと会談を行ない、代替オプションの可能性を探っているという話もある。

 ルノーを除き、2026年シーズン以降のPUメーカーは、メルセデス、フェラーリ、ホンダ、アウディ、レッドブル・パワートレインズ(RBPT)の5社。自動車メーカーのしがらみを考えると、2026年から新規PUメーカーとして登場するRBPTが最適だが、既にレッドブル・レーシングとRBの2チームへPUを供給することが決まっていることから、第3のチームとしてアルピーヌへカスタマーPUを用意することは難しい。

 一方で、アストンマーティンが2026年からホンダのワークスPUを獲得するため、メルセデスの”カスタマー供給”の余地が1チーム分創出されることになり、これも選択肢になろう。

 結果的にメルセデスやRBPTなどと契約を結べなかったとしても、レギュレーション上で現行メーカーがPUを供給することが義務付けられているため、2026年以降2チーム目への供給予定がないホンダも自ずと選択肢に入ってくる。

詳細記事はこちら:
 

前の記事 ルノー、自社製PUを放棄!? 傘下アルピーヌF1を2026年から“カスタマーチーム化”する計画を検討
次の記事 ブラッド・ピット主演のF1映画、2025年6月に全世界で公開決定

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本