F1 カナダGP

アルピーヌ、離脱確定のオコンもガスリーと“平等”と明言。激しい中団争いの最中で揉めている場合ではない?

アルピーヌは今季限りでチームを離れるエステバン・オコンに対し、残りのレースでもピエール・ガスリーと同様の待遇を約束した。

Esteban Ocon, Alpine A524

 最近ではピエール・ガスリーとエステバン・オコンのチームメイト関係について取り沙汰されることの多いアルピーヌ。先日のF1カナダGPでもチームオーダーを巡って一悶着あったばかりだが、これについてチーム代表のブルーノ・ファミンがインタビューに応えた。

 カナダGPでのレース終盤、オコンはガスリーの前を走っていたが、その前を行くダニエル・リカルド(RB)にアタックさせるため、チームはペースの良いガスリーを前に行かせる決断を下した。オコンはその要求を受け入れつつも、ガスリーがリカルドをオーバーテイクできなかった場合はポジションを元に戻すよう求めたが、最終的にポジションの再入れ替えはなく、リカルド、ガスリー、オコンという順でのチェッカーとなった。

 オコンはレース後には「僕は自分の仕事をしたけど、チームはそうじゃない」とアルピーヌを批判。そのオペレーションには納得のいっていない様子だった。しかもオコンは前戦モナコGPでチームオーダーを守らずガスリーと接触して非難されたばかりであり、その後今季限りでアルピーヌを離脱することも決まった。そのためチーム内での立場が悪化しているのではないかと勘ぐられても仕方のない状況でもあった。

 ドライバーとチームの間に理想的な関係を築けていないように見えるアルピーヌだが、ファミン代表はチームがオコンを意図的に後退させようとしているという事実はないと主張。残りのシーズンでも、彼が必要とするサポートをしていくことを保証した。

 接触のあったモナコを終えてオコンとチームとの関係はどうなっているのか、今季限りでの離脱が発表されたことで物事は落ち着きつつあるのかと尋ねられたファミン代表は、次のように答えた。

「それらは解決しているし、我々にはまだ15レース残っている」

「エステバンは、良い結果を残すためにチーム全員を頼りにすることができる。彼が結果を残すということは、チームの結果にも繋がるからだ。そしてエステバンがチームにできる限りのものをもたらしてくれると信用している」

「というのも、エステバンはチームの一員だ。結果を残すためには、ドライバー、メカニック、エンジニア……その全員が自分の力を発揮しないといけない。だからドライバーもチームの一部なのだ」

 ファミン代表はまた、オコンのパフォーマンスを損ねるようなことには一切の関心がないと明言している。中団チームの一角としてコンストラクターズ選手権で激しい戦いをしている以上、少しでも順位を上げるためにはそんなことも言ってられないのだ。

「エステバンをないがしろにするつもりはない」とファミン代表は言う。

「彼はピエールと全く同じ条件だ。彼らは同じレベル、同じ立ち位置にある」

「彼らはパフォーマンスという点でかなり接近していて、何か違ったことをするのは得策ではない。繰り返しになるが、チームが求めているのはアルピーヌとしての利益だ」

 なお、逆にオコン側が移籍を機にここぞとばかりにチームのことを顧みなくなるのではと懸念はあるかと問われたファミン代表は、「以前ほどは心配していないが……」と返した。

 

前の記事 アストンマーティンF1”後退説”にチーム代表反論「準備は順調。ホンダもやってくるし、アラムコもいる……魅力的な立場なはずだ」
次の記事 鬼門のF1カナダGPで光が見えた? レッドブル代表、弱点の“縁石乗り”は解決可能「あとは力を解き放つだけ」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本