F1 オーストリアGP

アルピーヌF1、ピエール・ガスリーと2025年以降の長期契約を締結

アルピーヌF1は、ピエール・ガスリーとの契約延長を発表した。2025年以降もガスリーがチームに留まることとなった。

Pierre Gasly, Alpine F1 Team

Pierre Gasly, Alpine F1 Team

写真:: Simon Galloway / Motorsport Images

 6月27日、アルピーヌF1はピエール・ガスリーとの契約を延長したと発表した。

 2023年シーズンにアルピーヌへと加入したガスリー。今年で2年目のシーズンを迎え、ひとまず今シーズン末が契約の節目にもなっていた。ここまでのガスリーの個人成績は、2023年がランキング11位(62ポイント)だったものの、2024年はチームとして苦しい状況にあることで、10戦を終えた時点で15番手(5ポイント)となっている。

 そして27日、アルピーヌはガスリーと新たに長期契約を締結したと発表。具体的な年数は言及されていないものの、2025年以降はガスリーがアルピーヌを引っ張っていくことになりそうだ。

 なおアルピーヌは現在所属するもうひとりのドライバー、エステバン・オコンとの契約は今年限りで終了し、オコンがチームを離れることが発表済み。後任についてはミック・シューマッハーやジャック・ドゥーハン、さらにはカルロス・サインツJr.といった候補が挙げられている。

 アルピーヌは2025年のチームメイトについて、今後発表するとしている。

 そしてガスリーは契約延長にあたって、次のようにコメントを寄せた。

「僕はこの素晴らしいチームがとても居心地のいい場所だと感じている。F1プロジェクト、そしてアルピーヌ・カーズの広いビジョンの両方に参加できることを楽しんでいる」

「僕がここに来てから18ヵ月以上が経過しているけど、チームとの長期的なプロジェクトは常々計画されてきたものだった」

「コース上ではこれまで厳しいシーズンが続いているけれど、僕はこのプロジェクトに忠実であり続けているし、どこかへ行くつもりはない。チームが採っている方向性やハードワーク、変化などに僕は満足している」

「このチームの人材とリソースには大きなポテンシャルがある。僕は将来が楽しみだし、今はパフォーマンスを向上させるために、日々取り組む細かな部分に集中している」

 

前の記事 アントネッリ起用が確実視されるメルセデス、“ラインアップ決定”報道を否定「何が起きるか分からないので、決断はできるだけ保留したい」
次の記事 タイヤの“使い方”が勝敗を分けた? スペインGPで敗れたランド・ノリス、最後に追いつけなかった理由は

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本