F1参戦目指すアンドレッティ、アメリカ人ドライバーにF1で「まっとうなチャンスを」与えたい

マイケル・アンドレッティは、F1参戦計画が成功したあかつきには、アメリカ人ドライバーがF1を戦う「まっとうなチャンス」を与えたいと考えている。

Michael Andretti

 F1新規参戦を目指すアンドレッティ・オートスポートのマイケル・アンドレッティは、その計画が成功すれば、アメリカ人ドライバーがF1で戦う「まっとうなチャンス」を与えられると語った。

 アンドレッティは昨年末、アルファロメオF1チームの母体となるザウバーを買収しようと試みるも破談。現在は11番目のチームとして2024年からF1のグリッドに並ぶことを目指している。

 もし参戦が決定すれば、既にインディカーとインディライツ、フォーミュラE、エクストリームE、スーパーカーのチームを持つアンドレッティ・オートスポートのポートフォリオにF1の名が並ぶことになる。

 FIA側は、新チームのF1参戦に向けて募集を開始していないものの、アンドレッティはF1マイアミGPの際にFIAやF1、その他のチーム代表と会談を行ない、F1参戦のサポートを求めた。

 ただ、チームが11に増えることで発生する配当金の割当減少と安定性が失われる可能性を恐れてか、F1チームからの反応は鈍いままだ。

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、アメリカのF1チーム追加よりもアメリカ人F1ドライバー誕生の方が効果的だと語っていたが、アンドレッティは自身の新チームだけがアメリカ人のドライバーにF1を戦う「まっとうなチャンス」を与えられていると考えている。

「我々としては、アメリカ人のドライバーを育てるアメリカのチームでありたいと考えている」とアンドレッティは言う。

「誰もそれをやっていない。それが我々の目指すところだ。アメリカ人ドライバーがF1に入るためのまっとうな道はない……なかったのだ」

「我々はF1への道を切り開きたいのだ」

Colton Herta, Andretti Autosport Honda

Colton Herta, Andretti Autosport Honda

Photo by: IndyCar Series

 仮にアンドレッティがザウバー買収に成功していた場合、彼のインディカーチームで走るコルトン・ハータがアルファロメオのシートを手にしていただろう。交渉は破談に終わったが、ハータはザウバーのファクトリーがあるスイス・ウィンヒルでシミュレータに乗り、金曜日のフリー走行1回目でF1公式セッションデビューを果たす手はずになっていた。

 アンドレッティはハータをF1マシンに乗せることを熱望しており、彼はアメリカ人ドライバーがF1に向かう「完璧な例」だと語っていた。

「彼は今すぐにでもF1にいるべき存在だ。彼には才能があるのに、資金が尽きてアメリカに帰ってきたのだ」とアンドレッティは言う。

「だから彼は(アメリカでの)道を進んだのだ。カートで育った子どもたちに道を開き、彼らが樹分な力を発揮した時にF1へ行けるようにしたいし、そのためのチームも用意したい」

「彼らにまっとうなチャンスを与えることができるだろう。彼らは”燃料満タン”なのに、誰もそれを知らないということはなくなる。そういうモノだ。まっとうな契約がある」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 信頼性不足に苛立つフェルスタッペン……しかしレッドブル代表は心配せず「我々は強固なチームだ」
次の記事 フォーミュラE王者デ・フリーズ、F1公式セッション初走行へ「速いマシンに慣れないと!」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本