F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
15 時間
:
59
:
51
14 8月
次のセッションまで……
7 days
28 8月
次のセッションまで……
21 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
28 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
35 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
49 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
63 days
23 10月
次のセッションまで……
77 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
85 days
F1 2019
トピックス

F1 2019

フェラーリ、2月15日に新車”コードネーム670”を発表。アリバベーネ代表明かす

シェア
コメント
フェラーリ、2月15日に新車”コードネーム670”を発表。アリバベーネ代表明かす
執筆:
協力: Franco Nugnes
2018/12/14 0:23

フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネは、2月15日に2019年用マシンを発表することを明らかにした。

 フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・オリバベーネは、来年の2月15日に、コードネーム”670”と呼ばれる2019年用マシンを発表することを明らかにした。

 アリバベーネは木曜日の夜にイタリアのミラノで開催されたAutosprintの授賞式に出席。この場で、2月15日に2019年シーズン用マシンを発表することを認めた。この2月15日という日程は、バルセロナでプレシーズンテストが始まる3日前というタイミングだ(※バルセロナでのテスト1回目は2月18日〜21日)。

「(テクニカルディレクターである)マティア・ビノットが率いるグループでは、来シーズンのシングルシーターのために、この数カ月間取り組んできた」

 アリバベーネはそう語った。

「エンジンはすでに、テストベンチで動いている。そして、生産が開始されているパーツもある」

「パフォーマンスへの関連性が高い部分が、最後の瞬間に出来上がるだろう。時間はますます少なくなり、緊張感が高まったとしてもね。2月15日には、我々はそのクルマを発表する予定だ。その日には全ての準備が整っているはずだ」

「もちろん、マシンの全体像を発表するにはまだ早い。すでにシミュレータでの作業も行なっているが、本当のテストはコース上でしか行うことができない。冬の間に収集したデータを(実際の走行と)比較するという上ではね」

「エンジニアたちは、2月15日までにマシンを完成させるため、懸命に働いている。シミュレータでの作業をしているスタッフから情報を得ているが、そのパフォーマンスについて話すのはまだ早い」

メルセデス、ボッタスの貢献強調「彼がいなければタイトル獲得はなかった」

前の記事

メルセデス、ボッタスの貢献強調「彼がいなければタイトル獲得はなかった」

次の記事

「ルクレールは”良い子”」ベッテル、新チームメイトを早くも警戒?

「ルクレールは”良い子”」ベッテル、新チームメイトを早くも警戒?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Charles Bradley