アストンマーチン、2022年もベッテル&ストロールコンビを継続。規則一新の年に躍進狙う

アストンマーチンF1は2022年シーズンもセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールのドライバーラインアップを継続することを発表した。

アストンマーチン、2022年もベッテル&ストロールコンビを継続。規則一新の年に躍進狙う

 アストンマーチンは9月16日、2022年のドライバーラインアップを発表。現在のセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールによるコンビを、来季も継続すると明かした。

 アストンマーチンは以前から、2022年シーズンも現在のドライバーラインアップを維持するだろうと見られてきたチームだ。しかし正式な発表が行なわれてこなかったため、ドライバー変更も検討しているのではないかという憶測も流れていた。

 しかしチームは「単純に契約条項の話し合いによって遅れているだけ」と繰り返し説明。そしてその説明の通り、今季と同じコンビで2022年に挑むことが発表された。これにより、ストロールは同チームで4年目(前身のレーシングポイント含む)、ベッテルは2年目のシーズンを迎えることになる。

 今シーズン、ベッテルは2度にわたって表彰台圏内でフィニッシュしている。しかし2番手でフィニッシュしたハンガリーGPでは、規定された燃料サンプルの採取が不可能だったため、失格処分となった。そのベッテルは2022年もアストンマーチンからの参戦が決まったことで、大きくレギュレーションの変わる新シーズンを戦う機会を得られたことを喜んでいる。

 ベッテルは発表に際し、次のようにコメントを寄せた。

「新世代のF1マシンでレースをすることが本当に楽しみだ」

「新世代のF1マシンは見た目もとても異なる。新たなテクニカルレギュレーションによって、ここ最近のF1よりももっと接近したレースが可能となるはずだ」

「よりエキサイティングなレースとなれば、それはファンにとって、そして同じようにドライバーにとって素晴らしいことだろう。変化はとても大きいから、どのチームもゼロからのスタートになる。だから僕らアストンマーチンにとっても素晴らしいチャンスだ。僕はこの成長しているチームの力を信じているし、今から2022年を楽しみにしている」

 またストロールは、今シーズンのアストンマーチンが目標を達成できていないと感じているが、2022年は進歩していくことができると信じていると語った。

「来シーズン、僕はチームメイトのセバスチャンと共に、F1での6年目を迎える」

「僕らはアストンマーチンというチームでの活動を一緒に始めた。来年も彼とこの旅を続けていくことがとても楽しみだ」

「僕らは今年目標にしていたものを達成できていないけれど、そのことが来シーズンの成功に向けた意志や貪欲さを増幅させている。そして今、アストンマーチンの威信とサポートがあり、そうしたブランドが惹きつける新しい一流スポンサーを得て、僕らは2022年のパフォーマンス向上に向けた非常に良い体制にある」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1行きのチャンスを2度フイに……ダニエル・ティクトゥム「僕は余計なことを喋りすぎた。でもそれが僕だ」
前の記事

F1行きのチャンスを2度フイに……ダニエル・ティクトゥム「僕は余計なことを喋りすぎた。でもそれが僕だ」

次の記事

F1王座争うふたりがイギリス&イタリアで接触……26年前に同じ経験をしたデイモン・ヒル「自制心の欠如を見せられた」

F1王座争うふたりがイギリス&イタリアで接触……26年前に同じ経験をしたデイモン・ヒル「自制心の欠如を見せられた」
コメントを読み込む